私たちの「看脚下」足を見よう!


看脚下(かんきゃっか)

 

禅語で、足元を見よ。「自分の立位置を見極めよ」という意味や、「不安の時でも、しっかり自分を見つめよ」などの意味を含んでいる言葉です。

 

2018年8月31日~9月2日は、石巻での「足爪フットケアアドバイザーコース」の最終の日程でした。8名の方が半年間の研修を無事に終えてくださいました。しっかりと足元を見て、丁寧に関わっていける能力を身に付けた人たちが誕生しました。

 

世界に先駆けて超高齢社会を進んでいくニッポンの中で、どれだけのケア従事者が足元を見ているでしょうか…

そんなに多くはないでしょう。敢えて見ないでいる人も多いでしょう。かつての私もそうでした。ケアする能力を持っていないと、見えないふりをすることが多いのかもしれません。

高齢者が入院すると、お役所からの義務づけで、転倒転落リスクというアセスメントの関門があります。多くの高齢者がこの評価により、自分で動くことを制限されます。「動くときは私たちを呼んでください。決して一人で動かないでください。」という対応が始まります。

 

しかし、ケア従事者が暇な施設なんてありません。さらにこの見守りが少しの時間さえ奪っていきます。

呼んでも来てくれるまで時間がかかる。待っていられないから動く。

勝手に動くから危険と評価されて、離床センサーの監視下に置かれる。

動くと、人が駆け付ける。

心が休まる暇がない。

それでは、転倒も防げない。回復するのも非効果的。

全くの悪循環と言えます。

 

滑りやすい履物をやめる。滑らない代わりに、蹴躓く履物もやめる。足指の機能を最大限に使えるような、靴下と履物を選ぶ。足指と足の皮膚の機能を最大限に発揮できるように、ケアをする。そのようなことが当たり前にできるようになれば、超高齢社会でも、忙しい日常の中でも、今より効果的に転倒のリスクを減らすことができるでしょう。

石巻では「足爪フットケアアドバイザーコース」の修了によって、転倒リスク対応の本質が

分かる人が一気に8名も増えましたから、今までよりは効果的に世の中に伝わっていくことになるでしょう。

 

大きな前進(プログレス)が出来たことに感謝します。

犬のサンゴちゃんは知っている!手足の機能


キネステティク・クラシック・ネオと他団体のキネステティクの違いは、科学と整合性があり、進化発生学(動物とヒト)も取り入れていることです。

進化発生学を辿ると、脊椎ができる前からの動きも知ると今の動きにたいへん、役に立ちます。

背骨を楽に動かせるように、手足が出来たのです。手足が背骨を助けています。

無意識で使っているようで、使えていないのが、私たち人間。

でも、犬のサンゴちゃんは知っている!手足の機能。

サンゴちゃんはお風呂が嫌いで、入りたくないそうです。

サンゴちゃんのお父さんが、「サンゴ、お風呂に入るよう!」と言うと、前脚後脚をカラダの下に隠します。

海にはガンガン入って泳ぐのに。

「歩かないよー、歩けないよー、

抱えたら重いよー」

活動する犬から

活動したくないサンゴちゃんに変身!

私たちも、手足、腕脚の使い方を少し変えれば、もっと動きを楽にできる。

そのための1つの知恵が、足爪にあります。

サンゴちゃんの変身はお見事です。

キネステティク・クラシック・ネオを学習すると「グランプリエ」もサクッと決まる!


キネステティク・クラシック・ネオでは体験から背骨の使い方を学習します。その結果、蹲踞が上手にできるようになります。

休みこともできるし、進むこともできる。

キネステティク・クラシック・ネオのエクステンドバージョンの足爪フットケアでも、カラダの緊張が取れて背骨を上手に使えるようになります。

体験してくださったバレリーナさんから、蹲踞ってグランプリエと一緒だと教えていただきました。

私たちがカラダを使って実現することが、さらに楽に、楽しくできると嬉しいですね。

(写真はバレリーナのロビンちゃんが大好きなロボコン)

それぞれの役割



自分の役割じゃないことをおしつけられそうちなった時のお断りの仕方について考える朝のはじまり。

今朝は旅芸人の移動日です。

出発前、うっかり仕事に集中してしまい、小走りして少し急がなくてはならないくらいの時間になりました。荷物も重い。

余裕を、持って「近いけどすみません」とタクシーに乗車しました。

運転手さんから、「なんでもギリギリはいけません、30分前行動をしなくてはなりません…」とお説教がはじまりました。

「運転手さんの言われてることは正しいけど、私は料金を払って乗車をする立場で、運転手さんの教えを求める立場にありません。そして、知っていることですし、それを聴く余裕はありませんから、やめてください。」

そして、近いけど、着くまで沈黙。

そして、到着。

メーターが動いてない。

「運転手という役割以外のお説教をしたから、自分の仕事を忘れてしまった。ご迷惑をおかけしました。自分の役割を忘れずに今日を過ごします。ありがとうございました。」

と、言われました。

ついつい、善意でやってしまう何かのために、もっと大切なことが抜け落ちてるかもしれない。

受け取りたくない善意をお断りしたら、その送り手は何か別の大切なことをできるかもしれない…と考えながら、バスを待っていました。

今日も学び多い1日を過ごしましょう。

文殊様以上の知恵(内容はその場にいた人だけの秘密)


ファシリテーターレベルの最終日、ワークショップは北野理事の指導のもと、グループ分けからファシリテーターが取り組みました。

その上で3つの切り口から、個人作業とグループ作業を繰り返しました。

その結果、目から鱗が落ちるような、アイディアの数々が生まれました。

プレゼンテーションタイムも、爆笑や「へぇ〜」の連続で、とても実りある楽しい時間となりました。

自分が変わることで、人への影響がかわる、政治への影響も与えられそうな、実現可能に思える気づきで締めくくられました。

このワークショップだけでも、セグメント1を受けにくる意味があるような濃い内容でした。

澤口理事の演習と講義の内容もしっかり反映されていました。

キネステティク・クラシック・ネオが普及していくことで、世界平和にもつながるという納得いく内容でした。

いろんな人に受けてもらいたいけれど、価値がわかる人だけが受けてくれたから、質の高い内容になったのでしょう。

このメンバーで学ぶ時間を持てたことに感謝でいっぱいです。

こういう志の高い人々にまた、受講していただきたいと思います。

本日セッションは、心理学と教育学とファシリテーションについて。


カラダと動きと心はつながってるので、ファシリテーションのために必要な教育心理学。学術担当理事の澤口氏の特別講義が続いています。

教育学と人間についての学習についての澤口特別セレクション講義です。

言葉に騙されず、映像に騙されず

問題解決思考学習を進めていけるような、わかりやすい講義でした。

このような方法を知り、できるようになり、わかるようになるように、ファシリテーター達は日常生活に戻って実践していきます。

この三日間の学びを、日本中の多くの方が学べば、今、解決できないと思われてる問題のうち、沢山のことが解決できるんだろうな…と思いながら、再学習していました。

残念ながら、私たちの国は、いつのまにかマニュアルだらけの生活になってしまい、物事を深く考えなくなってしまっています。

そのくせ、自分の問題ではないことを考えたり、悩んだりして時間を取ってしまうこともある、厄介な傾向があります。

セミナーを終えて、実生活に戻ったら、いろんな物事を整理してみたいですね。

瞑想を終わった後のように、

スッキリした三日間でした。

心が楽になればカラダが楽になる

カラダが楽になれば心は楽になる

つながっている

カラダの構造と機能を深く学習できるファシリテーターレベル


バイオテンセグリティ

さあさんから受け取る秘密の学習2日目

昨日か引き続き、バイオテンセグリティです。

さまざまなボディワークの研究者も医療福祉従事者も気づかないような

深い知識を学習させてもらっています。

講師は澤口裕二氏、知識も実践力もある医師

世の中の人々が

今、現実に起きていることと

頭で思い込んでいることの違いに

気づけるようになれば

この価値に気づく人が

増えるのでしょう。

そうしたら、まるで

滅多に取ることができないカープ戦チケットのように

参加しがたい人気講座になるでしょう。

でも、今は、価値に気づいてる人が少ないので、ゆったり、学べて、

ありがたいです。

呼吸の動きのアウェアネス

排泄の動きのアウェアネスがあれば

嚥下の動きにも

気づけるようになります。

歩行の介助能力もアップします。

自分の動きに注意が向けられることが人への関心の必須条件だと、また、今までとは別の次元で気づきました。

今日は全員、背が伸びて目線が変わりました。

今日も進化学から動きを再確認!


秋の気配を感じられる

安芸の宮島で

ファシリテーターレベルが

はじまりました。

今日の講師は

学術担当の澤口裕二理事

そして今日のテーマは

進化です。

進化学から学ぶと動きはとても

わかりやすくなります。

他団体のキネステティクとの大きな違いの1つでもあります。

宮城、東京、兵庫、広島から参加してくださってます。

お父さんの引率参加の小学生も

一緒に学んでいます。

進化学をこんなに丁寧に

学べる幸せ。

自分の動きが、楽になり(セルフケア)

誰かの動きも手伝えようにり (お世話)

人間だけでなく、

動物の介助もできる

この汎用性の高さが

人気の秘密の1つで

医療・福祉の分野だけでなく、

スポーツや美容やヨガをやってる人たちにも

人気急上昇中

科学的根拠に基づいた裏づけが

活動を支援してくれるからです。

ネオを学習してお産が楽だった報告


沖縄よりキネステティク・クラシック・ネオ学習者のトーキーさんより出産報告が届きました。

===

マジにキネステティク・クラシック・ネオはすごいよ!

お腹が大きいときは、タオルで足してらくらくに起きることが、出来ました。

キネステティク・クラシック・ネオのエクステンド講座として足爪フットケアの受講をしていますので、お互いのフットケアをしながら、私の脚の浮腫みは軽減しました。

それでも、妊娠後期は浮腫みが出ましたので、靴やスリッパのサイズを変えて対応しました。

47歳、初産で帝王切開でした。

陣痛の時は、腰(つなぎ)を動かして緩和することができました。

手術後、傷が痛いときは、ベッドサイドに椅子を置いて、環境を拡張ひて楽に起きれました。

浮腫みがひどくて足爪が食い込んだ時は、ガーゼをかまして対応した。

産後浮腫みが取れたら、スリッパのサイズが合わないから、爪が合わずさらに痛みが出ました。

ゆるすぎるスリッパの中で、足がすべって、爪に負担をかけていることに気づきました。

自分自身でセルフケアする能力が高くなっていることに気づきました。

自分の能力を、体験をするたびに、高めてくれるキネステティク・クラシック・ネオの学習の凄さ!

それから、

何事も、原理原則とそれを実践することが大切だと思いました。

===

トーキーさん

2018年7月25日ご出産

スミカくん 3205g50㎝

うれしい報告ありがとうございます

おめでとうございます。

#キネステティク・クラシック・ネオを学習するとこんな事が出来るようになりました

根本的な転倒予防の一側面


20年くらい前からずーっと

ずーっと

病院や介護施設では問題にされている転倒予防

リスクアセスメントをして、ラベルを貼って、ベッド柵をしたり、センサーマットを敷いたり、みまもるだけでは、根本的な対策にはならないということに気づいた人は、はじめてる学習です。

少しでも、転倒しづらい足づくり、足育てが必要。

解決のヒントがたくさん詰まった講座を展開しています。

石巻、沖縄やんばる、そして広島

効果的に学べるチャンスをお見逃しなく。

メールでのお問い合わせは

office@careprogress.co.jp

プロフィール

中本 里美

株式会社CARE PROGRESS JAPAN代表取締役
一般社団法人 日本キネステティク普及協会 代表理事

  • 2008年11月に株式会社CARE PROGRESS JAPANを設立。
  • 2014年9月一般社団法人日本キネステティク普及協会設立 設立時代表理事就任
  • 2015年4月から、日本ならではの生活場面・生活様式、日本人ならではの体型に沿ったケア方法を探究、独自のメソッドの展開をはじめて現在に至る。

☆☆

  • 看護師。ET/WOCナース。
  • (後に日本看護協会がはじめた 皮膚排泄ケア認定看護師の前身)の研修をアメリカで受けて帰国。
  • 看護師に復職後、腰痛・頸部痛などのトラブルのため、戦線離脱した時期もあったが、高齢者のスキンケアや排泄ケアに興味を持ち、その活動をしているときにキネステティクと出会う。
  • 修士(健康福祉学)、
  • facebook

    twitter