カラダの構造と機能を深く学習できるファシリテーターレベル


バイオテンセグリティ

さあさんから受け取る秘密の学習2日目

昨日か引き続き、バイオテンセグリティです。

さまざまなボディワークの研究者も医療福祉従事者も気づかないような

深い知識を学習させてもらっています。

講師は澤口裕二氏、知識も実践力もある医師

世の中の人々が

今、現実に起きていることと

頭で思い込んでいることの違いに

気づけるようになれば

この価値に気づく人が

増えるのでしょう。

そうしたら、まるで

滅多に取ることができないカープ戦チケットのように

参加しがたい人気講座になるでしょう。

でも、今は、価値に気づいてる人が少ないので、ゆったり、学べて、

ありがたいです。

呼吸の動きのアウェアネス

排泄の動きのアウェアネスがあれば

嚥下の動きにも

気づけるようになります。

歩行の介助能力もアップします。

自分の動きに注意が向けられることが人への関心の必須条件だと、また、今までとは別の次元で気づきました。

今日は全員、背が伸びて目線が変わりました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*