ダンスがうまく踊れない人も


キネステティクス®の創始者、 フランク・ハッチ博士は バレエ、社交ダンスをはじめ さまざまなダンスを研究してきた方です。 人間以外の動物もダンスをします。 最近、楽しい生活動作の研究所の窓に 訪問してくれる平和の鳩たちも、よく 求愛のダンスをしています。 ダンスは本来、一緒に踊る人同士が 時間と空間を調和をもって楽しむ。 相手の動きが感じられるのに 必要な力だけを使う。 相手とのコミュニケーションにだけ 注意を向けると、 自分のカラダの緊張はどうなっているか? 自分の内側の空間の関節やツナギの 部分はどうなっているかに注意を向けられる。 それが、丁寧に歩くって事になります。 ダンスをする人の中には、膝や腰を痛める人、痛めるような指導をする人もいるけど、丁寧に動くことに 注意を向けられたら、 もっと健康的に歩ける、踊れる、 もっと楽しくなる。 ってことで、 キネステティクス®は生涯にわたり 健康に踊り続けられる わたしたちのダンス。 介助でも、 コミュニケーションでも、 子育てでも。 普段の一人での 日常的な動きでさえ 健康的で優雅にできたら楽しいですよ! ダンスには 夢中になれない人も、 自分の動きに注意を向けてくださいね。 先日、私はスタッフと一緒に歩くことを楽しみました。 フェイスブックでも 出しましたが… 人生の動きをもっと楽しみたいです。 http://youtu.be/BItD5ul32ZA

SNSでもご購読できます。