介助知恵袋わはは 第7号


ケアの常識を塗り替える、
そしてつらいと感じている動きを楽に変える動きの指導者で、
このメルマガ発行人の
中本里美satomi nakamotoです。

介助(介護や看護)がつらくて
苦しんでいるあなたへ。

日々の自分の動きに、そして介助に、
楽しく笑いながらできるようなヒントを
時々、ナチュラルテンションで
書いていきたいと思います。

今日は第7号です。

実は第6号までは前書きだったので、
今日から本来やろうとしていた内容になります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.目の前のその人の能力をみつける

この人重くて動かない?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
重くて動かないことに気づいたあなたは
すごい!

私たちのカラダには重さがあります。
動くということは重さが動く事です。
私たちが楽に動こうとするときは、
骨という線路を使って動く。

重くて動かないなら
原因のひとつは
重さがその人の、特に腕や脚の骨に乗っていきづらい
つまり
動きを手伝うときの方向が違っているかも。
または
動きを手伝うときのスピードが違っているかも。

目の前のその人自身が手足を使いやすく
整えることを手伝ってみましょう。
教科書に載っている、両手を胸の上に乗せるのをやめてみましょう。
足を揃えるのをやめて、肩幅くらいに足と膝を話してみましょう。

手伝うあなたの足も離してみましょう。

今までと少しだけ何かを変えてみてください。

何か、今までとは違うかもしれません。

違ってきて楽になれば わはは!です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 2.これはやめると楽になる悪い風習かもしれない!という目を養おう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前述の両腕を胸に乗せると、よりカラダは重たくなる。
足と膝をくっつけてしまうと、これも動きづらい。
自分で動くとき、試してみると
何か気づけるかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 3.変わろうとするあなたの前に出てくるボスキャラ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あなたが楽になるのを阻むこんな「ボスキャラ」

「勉強のために休みを希望するなら看護師やめなさい!
勉強は先輩からだけまたは院内で企画しているものだけに参加すればいい!
勤務表作るのに迷惑!」っていう師長がいたなぁ。。。

そしてその休み明けは、大きな目でずっとにらまれ続けました。
痛いくらいの視線でしたが、
ふと、痛いくらいと思っただけで痛くはないことに気づけました。

患者さんのためのケアの質は向上したので、
師長からの視線と相反するように、患者さんたちからは、喜んでもらえた。
私もうれしかった。
私は喜んでもらえるような質の高いケアをしたくて、この仕事についた、
師長のために仕事しているんじゃない!
そういう風に
強く思えるようになるまで、しばらく時間がかかりました。
何度も挫けましたが、自分がこの仕事についた目的を思い出しましょうね!
そしたら、ボスキャラを交わせるかも。

挫けそうなあなたのヒントになりますように・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 4.バックナンバー・その他
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★発行人 satomi nakamotoのブログ内でも
公開しています。

http://blog.careprogress.co.jp/

★ 介護や看護に取り入れられるツール

そして、自分自身のセルフケア能力を高めたり、
誰かのために自分が楽に介助できる考え方とやり方、
「キネステティク・クラシック・ネオ」がここで学べます。

http://www.nka.link/schedule/course.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 介助知恵袋 わはは(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今後もおつき合いいただければ、嬉しいです。
今後ともよろしくお願いいたします。

また来週の
次号をお楽しみに (平日不定期に発行します)

(by satomi nakamoto)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発 行】 satomi nakamoto
http://blog.careprogress.co.jp/
【連絡先】reader_yuryo@mag2.com
【登録・解除】http://www.mag2.com/m/0001684897.html

——————————————————–
Copyright(C)2018 satomi nakamoto
無断で転載、引用を禁じます。
——————————————————–
介助知恵袋 わはは
★セルフケア(自分のお世話)も介助(介護・看護も)も、
わははと笑ってできる知恵袋

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001684897.html

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*