助かることは簡単。生きて行くことは困難。


今日は、ちょっとカラ元気な私を
友人とそのご主人と元上司が励ましランチに誘ってくれました。

彼は、被爆時 白壁の陰で飛ばされずにすみ、壁の下敷きになった弟さんを救出。飛ばされていた弟さんも、救出。そして、お母様と再会できるまでの二週間を生き延びた大変さを話してくれました。

その時の話は、あまり人にしたくないと言っていた方が…。

「助かるのは簡単。生き続けるのはたいへん。でも、生きるのはたいへんで、つらくても当たり前と思っていたら、楽しい事があったら、すごい奇跡のように思えるだろう?小さい事でも喜べるようになる!」

何よりの励ましの言葉、本当にありがたいと思いました。

そして、もう一つ私に視点をくださいました。
助かった命が、少しでも楽に生活できるようにするのが、私のミッション。

変化していく時代の中で、
特に2025年の人口の変化に向かって、自分自身がへこたれないように、みんなが楽な動きで人生を楽しめるように、この活動をしていくのだと…。

へこたれないで原点に常に戻りながら、何が起きても進んで生きようと
思います。

心配してくださった皆さん
ありがとうございます。

20130604-230333.jpg

SNSでもご購読できます。