同じ名前の別の物(2017.12.26)


沖縄ぜんざい食べ納め

みかけは同じ沖縄ぜんざいでしたが、

いつも私がいただいてる、ヒーローのぜんざいや武村天ぷらのぜんざいとは違いました。

金時豆がめったに口に入ってこないのです。

あの店のぜんざいもこの店のぜんざいも、ヒーローのぜんざいも同じ名前ですが、中身が違うのです。たくさんの金時豆、しかも程よい煮込み加減。

少し前の自分だったら、この違いに気づかなかったでしょう。ガッカリしたけど、ガッカリできるくらい、違いのわかる私になったのだと思い嬉しくなりました。

世の中には同じ名前の違うものがたくさんあるけど、違いのわかる自分で居れるよう、日々精進したいです。

食べ物に限らず、人の動きの支援も、支援行為自体、誰がやるかでまったく違う質になります。

食事介助も、入浴介助も、移動の介助も、体位の介助も…

見ている人はわからないけど、援助を受けた人には違いがわかります。

キネステティク・クラシック・ネオでは、違いのわかる学習を提供します。

キネステティク・クラシック・ネオについて、知りたい人は、ひとまず、医学書院の看護教育2008年1月号をお読みください。

このタイトル、よく使っている気がしますが…

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*