灯台下暗しと膝の痛み


灯台下暗しとか

知らぬは亭主ばかりなり

と言う言葉があるように、何故か、私たちは近くにあるものが、とても尊いものや、素晴らしいものでも、それを認めづらい傾向を持っているようです。

だけど、ちゃんとそこに、大事なモノがあることに気づく人はというか、気づける人は幸せです。

私はかつて、ある医師の研修会や講演の追っかけをしてました。でも、その医師の務める職場の方々の中で、その医師の価値の大きさに気づく人はごくごくわずかでした。

もったいない…

こんなに近くにいるのに…

私ははるばる飛行機に乗り、何度も追っかけました。

名古屋、東京、札幌、旭川、岡山、士別…、沖縄。

そして、何も考えないバカなナースだった私は、少し、まともな人間になりつつあります。

でも、職場の人たちはわからなくても、患者様に丁寧に取り組む医師の姿を約25年くらいか見せてもらえたからです。

でも、家族はすごく分かっている。

そして、協力的です。

https://youtu.be/ETKCwRdpn14

膝が痛い時は

膝が悪いわけではなくて、自分に気づいていないかも。

遠くにいる私たちは

もっと学ばせてもらいましょう。

その価値がわかって近くて活動出来る人は、とてもうらやましいけど、自分にできることを丁寧に。

ちなみに、今はおっかけはせずに、呼び寄せて来ていただいてます。

http://www.nka.link/movie.html

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*