環境が整うと楽に活動できる!


沖縄地方梅雨入りの前日、

脳性麻痺を自らの意志でやめた『ゆい』の

キネステティク・クラシックの『移動』と『環境調整』の学習をお手伝いしてきました。

大学の実習室でうまく、行えたことが、一人暮らしをしているお家だとうまくいかない、どうしてかを明らかにしたい。それがゆいの学びたいこと。
まずは、介助者に介助してもらい、車椅子からベッドに移動してみる

なぜ、うまくいかなかったか?

ベッドのやわらかさと滑る環境。

柔らかいと押せない、踏めない。

重力にあんまり助けてもらえない!
このマットの柔さは何のため?
このすべる防水シーツたち
ホントに必要?


旅芸人の中本でも、このベッドの柔さでは

クビや腰に負担を感じる。

組織にかかる接触圧を感じる、ゆいのキネステティク感覚は健在。

だからマットレスを抜いて、背上げが効く薄い畳を入れてみたら…  

しっかり、押せた


重さは、手で押したところに移動して

少し軽くなった骨盤の重さは、足に移動した。

前よりも簡単に立つことが可能。

「ゆい、一人でやってる、すごおい!

生きてる感じ!」

何回、この言葉が出てきたことか…


足で踏むことも前よりも楽。

環境調整は大事、本当に大事なんです。

気づいたら、すぐに行動する、彼女の行動力と、周りのサポート力に頭が下がりました。

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 森川ふみえ より:

    ゆいさん、気づきが素晴らしいっ!「生きている」「大切にされている」って実感できて、ともに学べるキネステティク・クラシック、魅力的です。

    1. satomi nakamoto nakamoto satomi より:

      ふみえさん、そうなんです。ゆいさんのフィードバックは、キネステティク感覚の使い方をさらに深めてくれます。
      キネステティク・クラシックも学習に優れた道具です。ゆっくり、これからもよろしくお願いします。

コメントを残す

*