聴き手の態度を学ぶ


☆演者や講演者だけでは、よい学習の空間はつくれない。聴き手の能力が大切。自分を磨くとこが大切☆

==========

60歳以上の団員で構成されてる合唱団、

エテルナ60

足爪進化チームの森田さんにご紹介いただいてセミナー昼休憩を長めに設定し、演奏会に出かけた私たち3人。

開演ギリギリに到着したら、3人一緒に座れる座席が最前列中央のみ。ちょっと肩身の狭い思いで着席しましたが、

とても素晴らしいシートでした。

60歳から85歳くらいの団員さんたちの歌声は、素晴らしく、歌詞にこめられた気持ちも違うと感じました。

童謡、クラシック、歌謡曲と、音楽に疎い私にも親しみの持てる選曲で、一緒にリズムを取ったり、静かに聞き入ったりしました。

マイウェイは歌詞に説得力まで、感じて、涙が溢れて来たりでした。

感動して帰ったのですが、後日、足爪の学習日に森田さんから、「最前列中央の3人が、表情豊かに聴いてくれていて、とても歌いやすい。だから、そこをめがけて歌った。いい声が出た」と合唱団の皆さんが言われてたという話を聞きました。

そう、それは私たち3人。

森田さんは、自分の誘った私たちが、聞き上手でびっくりしたけど、うれしかったと言ってくださいました。

私たちもいい聴き手と言われてうれしかったです。そして、セミナーでも同じだと気づきました。

いい学習をしたかったら、いい聴き手(引き出し手)であることが大事だなと。

そして、茶と禅の講座でいつも出てくる

「一座建立」という言葉にもつながります。

演者や講演者だけでは、よい学習の空間はつくれない。聴き手の能力が大事。自分を磨いていこうと改めて感じました。

誘ってくださった、森田さんにも

いい聴き手仲間の二人にも感謝です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*