遠くからでもできること。 「自分が元気でいて、小さな贅沢をする!」


「何か困っていることはないか?自分にできることはないか?」全国から、たくさんのメッセージをありがとうございます。おかげさまで、私は被災をまぬがれました。自然はあまりにも強かった。いつも、太陽の恵みや恵みの雨、海や森や山の幸に守られて生きている自分を改めて感じています。でも、人間も決して無力なわけではありません。テレビの報道、被災地から被災者の声を聞いて、自分の力を届けたくても届けられないと思っている皆さま、ボランティアに行くだけが支援ではありません。「自分が元気でいて、小さな贅沢をする!」日本の経済を潤わす!一人ひとりが元気でいてくれること。それから、日本の経済を守ること。悲しいことが起きると、自粛する人達が増えて、日本全体の消費が落ち込むそうです。「被災された方に申し訳ないから我慢する」ということが日本全体で起こると、日本経済を支える、中小・零細企業が危機に陥るそうです。(多くの方が実感されていると思います)。そして、復興のための資金が不足する危機に陥るかもしれない。今だからこそできる、小さなこと。日本の経済を守る。日本で買い物をする。買い物をするとき、ちょっと贅沢をする。消費が維持出来なかったら、日本の経済状況は弱くなる。だから、ランチの約束をしている人は自粛しないで行きましょう。そして、できる範囲でちょっとだけ、「日本経済を潤すため」の贅沢をしてください。こんな時だからこそ、通販で何か買うときも、日本のお店かどうかを確かめて買うことも日本全体を応援することになるかもしれません。幸せな気持ちをいっぱい感じましょう。自分の気持ちが元気でいれば、判断力も維持できますから、また何か起こったときにも、最善の判断ができるでしょう。(脳科学の分野では、危機的状態の時は、判断力が低下するということが証明されているそうです)。被災された方に申し訳ないという気持ちをもつのは 禁物だそうです。私たちの力は自然に比べたら小さい。でも、力を合わせれば、少しだけ大きくなります。決して無力ではありません。この小さな力で、自分自身と日本を元気にしましょう。「金は天下のまわりもの」だそうです。必要なところに回っていきますように・・・。よろしくお願いします。(私はいつもなら298円のスリッパを買うところ、598円のモノを買ってきました。小さくてもチリも積もれば山となりますから。自信をもってやります!)写真は6月末、仙台からの移動中遠くに見えた富士山

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*