フェルデンクライストレーニング修了



e7b582e4ba86e5bc8f2007年4月からはじまった、4年間にわたるトレーニングが修了し、

晴れて フェルデンクライスメソッドのプラクティショナーになることが出来ました。

これから、いい動きをキネステティクスとはまた、違う形で提供して、自分自身の生活の質の向上と

周りの人々の生活の質の向上のため、人生を楽しみたいと思います。

今までは、年間3期にわたる 10週間のトレーニングがあったため、ただでさえ 忙しい生活が 恐ろしいくらいの忙しさになっていたので、かなり開放感を感じます。

このトレーニングを主催し、支えてくださった、フェルデンクライスジャパンのかさみ先生に感謝。

教育ディレクターのジェレミー先生、常任アシスタントのエレン先生、アナマリア先生、その他のすばらしい先生方、一緒に学習してきた仲間の皆さん、本当に感謝感謝です。

特に、一昨年入院してしまって、もう無理かもと思った中、みなさんに支えてもらったこと忘れません。

一緒に食べた、餃子の味や、金運つくねの味も 忘れられない思い出です。

これからは、アドバンスコースを定期的に受けて、学習を続けて行きます。

そして、先日オープンした

『楽しい生活動作の研究所』で実践をつんで行きたいと思います。

ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

中本 里美

株式会社CARE PROGRESS JAPAN代表取締役
一般社団法人 日本キネステティク普及協会 代表理事

  • 2008年11月に株式会社CARE PROGRESS JAPANを設立。
  • 2014年9月一般社団法人日本キネステティク普及協会設立 設立時代表理事就任
  • 2015年4月から、日本ならではの生活場面・生活様式、日本人ならではの体型に沿ったケア方法を探究、独自のメソッドの展開をはじめて現在に至る。

☆☆

  • 看護師。ET/WOCナース。
  • (後に日本看護協会がはじめた 皮膚排泄ケア認定看護師の前身)の研修をアメリカで受けて帰国。
  • 看護師に復職後、腰痛・頸部痛などのトラブルのため、戦線離脱した時期もあったが、高齢者のスキンケアや排泄ケアに興味を持ち、その活動をしているときにキネステティクと出会う。
  • 修士(健康福祉学)、
  • facebook

    twitter