受講生の皆様の声



今日は、B日程が終わり、7名の方にベーシックコースの修了証書をお渡しすることが出来ました。

たのけんで初のベーシックコースでした。

名古屋から介護の教育をされているまーちゃん、大阪で理学療法士をされている佐々木さん、広島の現在主婦の看護師ともさん、高知からは師長の玉ちゃん、スタッフのみかりん、はなちゃん、そして理学療法士の山さん。

新しく、キネステティクスの道具を使いこなす仲間が増えました。

とても楽しい7人の学びのグループでした。

何年か後に同窓会をしたいと言う意見も出ていたくらい。

でも、アドバンスコースや認定プラクティショナーコースでその前に会えますよ。

http://staff.careprogress.co.jp/?p=35

本当に楽しい時間を過ごして、笑い続けていました。

たくさんの感想もいただきました。

みなさんからいただいた言葉を励みに活動を続けたいと思います。

患者さんや、利用者さん、そしてご自分自身ももっと健康にしていってくださいね。

創始者のキネステティクスは、ただ人を動かすためのテクニックではなく、健康増進のためのプログラムですから。

感想

 

キネステティクスを使ってより楽しい人生を送られることを祈っています。

また、近いうちにお会いしましょう!

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

中本 里美

株式会社CARE PROGRESS JAPAN代表取締役
一般社団法人 日本キネステティク普及協会 代表理事

  • 2008年11月に株式会社CARE PROGRESS JAPANを設立。
  • 2014年9月一般社団法人日本キネステティク普及協会設立 設立時代表理事就任
  • 2015年4月から、日本ならではの生活場面・生活様式、日本人ならではの体型に沿ったケア方法を探究、独自のメソッドの展開をはじめて現在に至る。

☆☆

  • 看護師。ET/WOCナース。
  • (後に日本看護協会がはじめた 皮膚排泄ケア認定看護師の前身)の研修をアメリカで受けて帰国。
  • 看護師に復職後、腰痛・頸部痛などのトラブルのため、戦線離脱した時期もあったが、高齢者のスキンケアや排泄ケアに興味を持ち、その活動をしているときにキネステティクと出会う。
  • 修士(健康福祉学)、
  • facebook

    twitter