こんな時だからこそ 自分たちにできることを丁寧にやる



こんな時だからこそ、と丁寧に自分の仕事をきちんとやろうとする、そして自分たちの能力を高めて一層、役にたちたい!
そんな希望を持ち、それにさらに元気をいただいて、
行ってきました。山形県のM病院に行ってきました。

このご縁は、2期生のNさんの企画のキネステティクスの練習会から始まりました。

広島まで、スタッフとともに2度も足を運んでくださった、看護部長さんにもびっくりです。こんな部長だと、スタッフは伸びるんだ!

一緒に、ミニミニコースをしたり、排泄の学習をしたり、患者さんと共に、できる動きに気づいたりして楽しみました。
一緒にその人に関心を向けていくと、ご本人も気づいていない能力に気づいたりして、楽しい時間を過ごすことが出来ます。
そしてそれがその方の自信にも、私たちケアを提供するものの自信にもつながります。
それが、とってもおもしろすぎて やめられない!

夜の部も楽しかったです。
ご飯の前にミニミニコース、宴会(山形の地酒は美味しかった)。そのあと、宿での情報交換会。これから、どのように楽しんでケアを行っていくかの未来を話しながら、動いて見ながら、夜中まで、質のよいケアを探求する方々と楽しむ事が出来ました。

楽しい時間をありがとうございます。
ここでもらった元気を日本の元気につなげていきたいです。

e5b1b1e5bda2e99baae381aee69c9defbc92-11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

中本 里美

株式会社CARE PROGRESS JAPAN代表取締役
一般社団法人 日本キネステティク普及協会 代表理事

  • 2008年11月に株式会社CARE PROGRESS JAPANを設立。
  • 2014年9月一般社団法人日本キネステティク普及協会設立 設立時代表理事就任
  • 2015年4月から、日本ならではの生活場面・生活様式、日本人ならではの体型に沿ったケア方法を探究、独自のメソッドの展開をはじめて現在に至る。

☆☆

  • 看護師。ET/WOCナース。
  • (後に日本看護協会がはじめた 皮膚排泄ケア認定看護師の前身)の研修をアメリカで受けて帰国。
  • 看護師に復職後、腰痛・頸部痛などのトラブルのため、戦線離脱した時期もあったが、高齢者のスキンケアや排泄ケアに興味を持ち、その活動をしているときにキネステティクと出会う。
  • 修士(健康福祉学)、
  • facebook

    twitter