寒い と 怖いは よく似た 緊張状態



e9a39be381b3e8bebce381bf

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイナス1度の気温、水温は4度くらい。その中でのラフティング。

とても寒かったです。

途中、雪やら みぞれやら。

特にみぞれは、カンカンと音を立てて

ヘルメットを叩きました。

こんな企画をしたのは

キネステティクスの教師仲間のNさんでした。

よくこんな企画をしてくださった。

 

飛び込もうと思ったら、飛び込めなくて

寒くて体を縮ませていたので、

からだの重さのシフトが難しくなっていて、怖いという緊張状態に

とてもよく似た状態だったと思います。

気づけてよかった。

さあさんにはカメラマンになっていただき、

とてもすばらしい写真を撮っていただきました。

久しぶりに腹から笑った。笑った。笑うしかなかった。

とても楽しい息抜きでした。

ありがとうございました。

どんころ野外学校の皆さんにも感謝します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

中本 里美

株式会社CARE PROGRESS JAPAN代表取締役
一般社団法人 日本キネステティク普及協会 代表理事

  • 2008年11月に株式会社CARE PROGRESS JAPANを設立。
  • 2014年9月一般社団法人日本キネステティク普及協会設立 設立時代表理事就任
  • 2015年4月から、日本ならではの生活場面・生活様式、日本人ならではの体型に沿ったケア方法を探究、独自のメソッドの展開をはじめて現在に至る。

☆☆

  • 看護師。ET/WOCナース。
  • (後に日本看護協会がはじめた 皮膚排泄ケア認定看護師の前身)の研修をアメリカで受けて帰国。
  • 看護師に復職後、腰痛・頸部痛などのトラブルのため、戦線離脱した時期もあったが、高齢者のスキンケアや排泄ケアに興味を持ち、その活動をしているときにキネステティクと出会う。
  • 修士(健康福祉学)、
  • facebook

    twitter