骨格は動きの地図



骨格が動きの地図

それを使って
ボディメンテナンスをするのが
CARE PROGRESS JAPANの
カラダの癒しメニューの特徴。

猫には猫の
犬には犬
私には私の…。

手の長さも違う
足の長さも違う。
背骨の形も…
一人ひとりが違う微妙な個性を持つ。
それに気づくと、
カラダの使い方が
変わってきます。

違う地図を使うと
楽な動きには
たどり着けない。

猫は猫背で快適。
私は、私の形で快適なのです。

だから、キネステティクス®でも、フェルデンクライス・メソッド®も先生の動きをマネすることはしません。修正もしません。

自分で自分の地形(体型)を探し、楽なうごきの道順を探していく。

対話を通して…。

逆風に向かって進む時は
余分な体力を使うように、
カラダの地図に反するように
動くと、疲れやすい。

自分のカラダと向き合うこと。
そして、反発しない使い方をする。
まるで、自分のカラダの
地図づくり。

対話を通して…。

私たちのカラダや
ココロは
私たちに
いちばん身近な自然。

それを
是非、体感してほしい。
自分のカラダを探検しましょう。

冒険好きの方にもオススメ。

探検して、
動く構造に気づくと、
どんどん楽しく動けるようになります。

http://tanoken.careprogress.co.jp/feldenkrais/

そして、それを体感していただくのが、CARE PROGRESS JAPANの提供するセミナーや、個人レッスン。

http://tanoken.careprogress.co.jp/feldenkrais/

20140109-113727.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

中本 里美

株式会社CARE PROGRESS JAPAN代表取締役
一般社団法人 日本キネステティク普及協会 代表理事

  • 2008年11月に株式会社CARE PROGRESS JAPANを設立。
  • 2014年9月一般社団法人日本キネステティク普及協会設立 設立時代表理事就任
  • 2015年4月から、日本ならではの生活場面・生活様式、日本人ならではの体型に沿ったケア方法を探究、独自のメソッドの展開をはじめて現在に至る。

☆☆

  • 看護師。ET/WOCナース。
  • (後に日本看護協会がはじめた 皮膚排泄ケア認定看護師の前身)の研修をアメリカで受けて帰国。
  • 看護師に復職後、腰痛・頸部痛などのトラブルのため、戦線離脱した時期もあったが、高齢者のスキンケアや排泄ケアに興味を持ち、その活動をしているときにキネステティクと出会う。
  • 修士(健康福祉学)、
  • facebook

    twitter