自分で立つ人々



あの日、
石巻市民病院は地震と津波の被害をうけ、燃える海の中に取り残されました。
そこで働いていた人々は
バラバラになり、出向先の病院で働きながら、病院の再建を
待っています。

病院再建の日程はまだ
決まってないようですが、
再建したとき、
キネステティクス®をケアに取り入れたいと、
二人の看護師が決意して
教師養成コースを受けに来ています。

自分で立つ

その、
すごい熱意を見習いたいです。
そして、支援できる人に
なりたいです。

20140609-114551-42351867.jpg

20140609-114550-42350976.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

中本 里美

株式会社CARE PROGRESS JAPAN代表取締役
一般社団法人 日本キネステティク普及協会 代表理事

  • 2008年11月に株式会社CARE PROGRESS JAPANを設立。
  • 2014年9月一般社団法人日本キネステティク普及協会設立 設立時代表理事就任
  • 2015年4月から、日本ならではの生活場面・生活様式、日本人ならではの体型に沿ったケア方法を探究、独自のメソッドの展開をはじめて現在に至る。

☆☆

  • 看護師。ET/WOCナース。
  • (後に日本看護協会がはじめた 皮膚排泄ケア認定看護師の前身)の研修をアメリカで受けて帰国。
  • 看護師に復職後、腰痛・頸部痛などのトラブルのため、戦線離脱した時期もあったが、高齢者のスキンケアや排泄ケアに興味を持ち、その活動をしているときにキネステティクと出会う。
  • 修士(健康福祉学)、
  • facebook

    twitter