ニッポンの底力 ☆読後記



「日本の文化の祖型」についてが、とても興味深かった。

それは、「追放と復活」

古事記でも、神様の失敗と追放と復活が書き残されている。

失敗は、折り返し点

「試練」の後には必ず「栄光」が待っていると希望をいだくことができる。

わたしたちに与えられている
復活のチカラを信じたい。

電力をたくさん使いたくて
原発ができた。

そして、
私たちの想定外の震災が起きて、今もなお続く不安。

震災後3年半近くたっても、
まだ復興が終わっていないってことは、

一人ひとりが電気の使い方を
まだ、見直せてないってことなのかもしれない。

ヘレン.ケラーの言葉が本の中に引用されていた。
=====
幸福のドアの一つが閉じられているとき、
一方では開かれているドアがあります。

しかし、
私たちは長いことその閉じられたドアを見つめているため、
開かれたドアに気づかないのです。

(『わたしの生涯』角川文庫)
=====

リフトがないと、
トイレに連れていけない、
車椅子に乗せられない

そんな介助者ではだめだ。

読書で気づいた
エコで健康的な介助

今でこそ、
持ち上げない介助にかわるときなんだよね…。

この本は、読む人にたくさんの気づきを与えてくれると思います。

ニッポン中の人が読んでくれたら
いいな。

写真はアマテラス大御神の天の岩戸がくれを踊りで解決に導いた
アメノウズメ

20年毎に、新しくつくりかえ、遷宮が行われる伊勢神宮の鳥居

20140803-062614-23174090.jpg

 

20140803-062614-23174488.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

中本 里美

株式会社CARE PROGRESS JAPAN代表取締役
一般社団法人 日本キネステティク普及協会 代表理事

  • 2008年11月に株式会社CARE PROGRESS JAPANを設立。
  • 2014年9月一般社団法人日本キネステティク普及協会設立 設立時代表理事就任
  • 2015年4月から、日本ならではの生活場面・生活様式、日本人ならではの体型に沿ったケア方法を探究、独自のメソッドの展開をはじめて現在に至る。

☆☆

  • 看護師。ET/WOCナース。
  • (後に日本看護協会がはじめた 皮膚排泄ケア認定看護師の前身)の研修をアメリカで受けて帰国。
  • 看護師に復職後、腰痛・頸部痛などのトラブルのため、戦線離脱した時期もあったが、高齢者のスキンケアや排泄ケアに興味を持ち、その活動をしているときにキネステティクと出会う。
  • 修士(健康福祉学)、
  • facebook

    twitter