新講座 『キネステティク・クラシック』のお知らせ


約一年ぶりに、このナチュラルテンションな日記に戻れました。

キネステティク・クラシックはおかげさまで順調です。

「キネステティク・クラシック」は、一般社団法人「日本(ニッポン)キネステティク普及協会」の認定する講座です。
※一般社団法人「日本キネステティク普及協会」の成り立ちを紹介します。

澤口裕二氏(皆さまご存知の日本語訳を自ら行いながらキネステティクを自ら一番理解し、実践に取り入れている医師)と、北野尚人氏(内閣府より任命を受け、地方創生のための地域活性化伝道師をされている大学教授)2名の協力を得て、ケアプログレスジャパンの中本里美が日本人に必要な知識と技術を普及するための組織的かつ継続的な活動を行うために、20014年9月に設立した組織です。

パーソナルレベル→サポーターレベル→ファシリテーターレベルと段階を踏んで、学習をすすめ、また普及に参加できるシステムになっております。また、一度にお休みが取れない方に配慮した単位制を採用しております。

現在、受講されている受講生の皆さまからは、今までよりもとてもわかりやすい!時間の融通が利くので参加しやすい!と大変好評です。

現在、第一期のファシリテーターレベル(他の人の学習を促進するレベル)は満席でスタートしております。2016年の1月末から3月にかけて、パーソナルレベル・サポーターレベルの教育に関わることのできる10名のファシリテーターが誕生予定です。

以前に弊社が取り扱っておりました MH社のキネステティクスを受講してくださった皆様には、単位移行制度にてこの新しい学習システム「キネステティク・クラシック」に参加していただくことが可能です。(但し、ファシリテーターレベルの受講には日本キネステティク普及協会の会員であることが必須条件となります)

学習を続けたかったけれど機会を失っている方、もう一度学んでみたい方、ぜひ、ご検討ください。

日本人の体型や生活習慣に合わせた、介助の考え方、技術をわかりやすく学べます。 

2025年の人口問題を解決すべく国の政策としてうたわれている、1億総活躍社会を
私たちの視点から提案してみませんか?
日本キネステティク普及協会の情報は

http://www.nka.link/

をご参照ください。
株式会社ケアプログレスジャパンは一般社団法人「日本キネステティク普及協会」のキネステティク・クラシックをはじめとする様々な講座やノウハウの提供

を通じて、日本のケア(セルフケアを含む)の進化を目指し、引き続き活動して

まいります。

      

  

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

中本 里美

株式会社CARE PROGRESS JAPAN代表取締役
一般社団法人 日本キネステティク普及協会 代表理事

  • 2008年11月に株式会社CARE PROGRESS JAPANを設立。
  • 2014年9月一般社団法人日本キネステティク普及協会設立 設立時代表理事就任
  • 2015年4月から、日本ならではの生活場面・生活様式、日本人ならではの体型に沿ったケア方法を探究、独自のメソッドの展開をはじめて現在に至る。

☆☆

  • 看護師。ET/WOCナース。
  • (後に日本看護協会がはじめた 皮膚排泄ケア認定看護師の前身)の研修をアメリカで受けて帰国。
  • 看護師に復職後、腰痛・頸部痛などのトラブルのため、戦線離脱した時期もあったが、高齢者のスキンケアや排泄ケアに興味を持ち、その活動をしているときにキネステティクと出会う。
  • 修士(健康福祉学)、
  • facebook

    twitter