新教育制度による認定


2016年1月30日、31日と移行研修及び追加研修終えて

一般社団法人日本キネステティク普及協会(NKA)認定ファシリテーターが3名

認定ファシリテーター(パーソナル限定)2名が誕生しました。

2025年になると日本というこの国は 3人に一人が高齢者という超高齢社会にはいると予測されています。

これから、セルフケア能力をどれだけ維持できるか、またどれだけセルフケア能力を引き出せる看護や介護ができるかがこれからの課題です。

ひとりひとりが無意識に行っている 自分のカラダに悪い習慣、

ひとりひとりが教育されて行っている 自分のカラダにも被介助者にも悪い動きの習慣に気づく、気づいて変えていく知識を持つことが自分たちを助ける道になります。

NKAの認定講座であるキネステティク・クラシックというプログラムを道具として、
動きの問題で困っている方や動きの知識を深めたい多くの方に役にたてていただ

けると思います。

.「キネステティク・クラシック~原点に戻る~」はNKAの教育システムです. 

   
 以下は澤口協会理事(学術担当)のHPより引用「かつてドイツで教えられたも

のをそのまま翻訳するのではなく,既存の日本の文化の中で使われる表現を取り

入れて,現代の科学に適合する表現にしました.この作業はいつも続けています.

クラシックだから,古いことを教えると思われるでしょう.しかし,NKAで使って

いるクラシックの意味は「もともとの目標を確認する」という意味です.「日本

の中で広めやすい日本語による日本人のキネステティク教育」がキネステティク・クラシックの内容です.」

もっと詳しく読みたい方は↓

http://awarenesscare.secret.jp/sub25/kinaesthetic_classic.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

中本 里美

株式会社CARE PROGRESS JAPAN代表取締役
一般社団法人 日本キネステティク普及協会 代表理事

  • 2008年11月に株式会社CARE PROGRESS JAPANを設立。
  • 2014年9月一般社団法人日本キネステティク普及協会設立 設立時代表理事就任
  • 2015年4月から、日本ならではの生活場面・生活様式、日本人ならではの体型に沿ったケア方法を探究、独自のメソッドの展開をはじめて現在に至る。

☆☆

  • 看護師。ET/WOCナース。
  • (後に日本看護協会がはじめた 皮膚排泄ケア認定看護師の前身)の研修をアメリカで受けて帰国。
  • 看護師に復職後、腰痛・頸部痛などのトラブルのため、戦線離脱した時期もあったが、高齢者のスキンケアや排泄ケアに興味を持ち、その活動をしているときにキネステティクと出会う。
  • 修士(健康福祉学)、
  • facebook

    twitter