誰が主役か…


キネステティク・クラシックは

古典ではなく

キネステティクこ原点に戻るというキャッチフレーズなのですが…
私の接触と動きのコミュニケーションの

はじまりは

腰をいためていたときの

さあさん(澤口裕二氏)との再会でした。
腰をいためていたときに

一番つらかったのはもちろん

動く度に感じる痛み。

その時のわたしは悲劇のヒロインでした。
でも、さあさんが教えてくれた

起き上がり方で起きると

痛みを感じずに起き上がれたのです。
動くときには

自分が主役
動きを介助するときには

動きの介助をうける方が主役。
動きは文化

言葉も文化

なので、その国、その地域での

言葉が使われる事が重要。
キネステティク・クラシックのプログラムを

体験して、理解できるようになれば、

動きの介助の名脇役になれます。
名脇役に介助された人には

光がさせばいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

中本 里美

株式会社CARE PROGRESS JAPAN代表取締役
一般社団法人 日本キネステティク普及協会 代表理事

  • 2008年11月に株式会社CARE PROGRESS JAPANを設立。
  • 2014年9月一般社団法人日本キネステティク普及協会設立 設立時代表理事就任
  • 2015年4月から、日本ならではの生活場面・生活様式、日本人ならではの体型に沿ったケア方法を探究、独自のメソッドの展開をはじめて現在に至る。

☆☆

  • 看護師。ET/WOCナース。
  • (後に日本看護協会がはじめた 皮膚排泄ケア認定看護師の前身)の研修をアメリカで受けて帰国。
  • 看護師に復職後、腰痛・頸部痛などのトラブルのため、戦線離脱した時期もあったが、高齢者のスキンケアや排泄ケアに興味を持ち、その活動をしているときにキネステティクと出会う。
  • 修士(健康福祉学)、
  • facebook

    twitter