女性消防士さんにもキネステティク・クラシック



沖縄県の女性消防職員さんと女性消防団員さんを対象に、キネステティク・クラシックのファシリテーターで名桜大学の伊波弘幸さんと私で研修を担当させていただきました。

重力のある地球の中で、どのように動けば

自分のカラダを犠牲にしないで、救助に生かせるか。

根性で頑張る❗️という、過酷な現場で働く皆さんの現状の悩みを聞き取りしながら

体験学習に入りました。

   いつもの決まり文句

『目から鱗!』

『もっとみんなに広まればいいのに!』

『今まで知らないでやってきたのと、

これから、こんな楽な考え方を知って仕事をするのは全く違ーーーう!   知ってよかった!』


あっと言う間の2時間でした。

(1時間半の予定が、ちょっとオーバー)

もっと一緒に体験したい名残おしい時間になりました。

私たちファシリテーターも

とても大きな気づきをいただきました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

中本 里美

株式会社CARE PROGRESS JAPAN代表取締役
一般社団法人 日本キネステティク普及協会 代表理事

  • 2008年11月に株式会社CARE PROGRESS JAPANを設立。
  • 2014年9月一般社団法人日本キネステティク普及協会設立 設立時代表理事就任
  • 2015年4月から、日本ならではの生活場面・生活様式、日本人ならではの体型に沿ったケア方法を探究、独自のメソッドの展開をはじめて現在に至る。

☆☆

  • 看護師。ET/WOCナース。
  • (後に日本看護協会がはじめた 皮膚排泄ケア認定看護師の前身)の研修をアメリカで受けて帰国。
  • 看護師に復職後、腰痛・頸部痛などのトラブルのため、戦線離脱した時期もあったが、高齢者のスキンケアや排泄ケアに興味を持ち、その活動をしているときにキネステティクと出会う。
  • 修士(健康福祉学)、
  • facebook

    twitter