【あなた専用の教科書】づくりの時間


キネステティク・クラシックでは
キネステティクの言葉の意味を体験を通して知ります。
その体験がヒントになり、
自分の中に新たな可能性があることに気づいて、新しい挑戦をしてみたくなります。

例えば、自分の排泄の動き、バスタブへの出入り、人の介助をするときの自分のカラダの使い方。

そして、介助そのものも。
マニュアルをおぼえ、先輩を真似て、暗記するようにしてきた日常から、少し進化する瞬間なのです。
アイデアが溢れてくると、ノートに書き留めて、自分だけの教科書が出来てきます。
気づいたことや、こうやったらどうだろうか…ということを、共に学習する仲間と共有すると、また、アイデアが膨らみ、お互いの気づきが循環して、また、進化する。
マニュアルやパターンに支配されないで、

自分を大切にすることを学び、

他者も大切にできるコミュニケーションを学ぶことができます。
でも、この学習は

向かない人もいます。
それは、

どんな人か…は

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

中本 里美

株式会社CARE PROGRESS JAPAN代表取締役
一般社団法人 日本キネステティク普及協会 代表理事

  • 2008年11月に株式会社CARE PROGRESS JAPANを設立。
  • 2014年9月一般社団法人日本キネステティク普及協会設立 設立時代表理事就任
  • 2015年4月から、日本ならではの生活場面・生活様式、日本人ならではの体型に沿ったケア方法を探究、独自のメソッドの展開をはじめて現在に至る。

☆☆

  • 看護師。ET/WOCナース。
  • (後に日本看護協会がはじめた 皮膚排泄ケア認定看護師の前身)の研修をアメリカで受けて帰国。
  • 看護師に復職後、腰痛・頸部痛などのトラブルのため、戦線離脱した時期もあったが、高齢者のスキンケアや排泄ケアに興味を持ち、その活動をしているときにキネステティクと出会う。
  • 修士(健康福祉学)、
  • facebook

    twitter