ニナとユイのキネステティク学習の軌跡



#キネステティククラシック #パーソナルレベル

【ニナのタイムラインより】​

色んな方法があって、たくさん可能性があって楽しくなっちゃう♪笑

身体ガッチガチの脳性麻痺の妹。

会う度動かなくなっていく身体。
可哀想と思ったり。

でも、優しい感情が生まれなかった。

だって、ガチガチの身体を介護するのは大変なんだもん。

動かないから力を込めちゃうし。

そしたら余計身体硬くなるし。

正直、心身介護には疲れてた。お互いに。
でも、どーにかなるかな?

半信半疑体験してみた日から変わっていった介護に対する気持ち。
身体がどんどん動くようになって。

お互いに、呼吸が楽で、あれこれ出来るようになって…
次はどんな事ができるようになるかなってウキウキしちゃって。笑
決まった形はないから色んなことに挑戦できる。失敗もするけど、だから色んな感覚が学べて前進できるよね。
ほんとにたくさんの方にサポートされてるなと感謝のパーソナルコースでした(^^)
自分が楽とゆう感覚が分かると相手にも楽を体験してもらえる。ますます自分の身体の感覚にも感謝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

中本 里美

株式会社CARE PROGRESS JAPAN代表取締役
一般社団法人 日本キネステティク普及協会 代表理事

  • 2008年11月に株式会社CARE PROGRESS JAPANを設立。
  • 2014年9月一般社団法人日本キネステティク普及協会設立 設立時代表理事就任
  • 2015年4月から、日本ならではの生活場面・生活様式、日本人ならではの体型に沿ったケア方法を探究、独自のメソッドの展開をはじめて現在に至る。

☆☆

  • 看護師。ET/WOCナース。
  • (後に日本看護協会がはじめた 皮膚排泄ケア認定看護師の前身)の研修をアメリカで受けて帰国。
  • 看護師に復職後、腰痛・頸部痛などのトラブルのため、戦線離脱した時期もあったが、高齢者のスキンケアや排泄ケアに興味を持ち、その活動をしているときにキネステティクと出会う。
  • 修士(健康福祉学)、
  • facebook

    twitter