未来のために大事な一歩 「自分の足を知る 」


先日、自分の足の皮膚と爪の未来を考えるセルフケアワークショップを開催しました。

観察して、気づいて、行動する形式でした。

足はいつも、自分の人生の動きを支えてくれているのですが、

自分の目から遠くにあって、ついつい、観察やケアを怠りがちな部分です。

何か気にかかる問題があるときだけ、悪く言うことはあっても、問題が小さい時や、問題がない時には、話題にも上がってきません。

今回は、2名の方が、このテーマに賛同して参加してくださりました。

「足は人に見せられない!」って言われるスタートから、最後は「私の大切なお足様」と、表現が変わられて、とてもうれしくなりました。

あとは、今回知ったら日々の観察とセルフケア、そして、セルフケアに限界がある時には、ケアができる人の手を借りる(セルフケアの進化形)で自分の足の皮膚と爪を養って行きましょう。

“未来のために大事な一歩 「自分の足を知る 」” への2件のフィードバック

  1. 熊丸美智江 より:

    自分の足をこれほどまでに観察したのは、生まれて初めてです。興味を持つか否かで大きく差が出る事を体感し、とても得した気分です!
    これからも、自分と会話しながら仲良くやっていきたいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

中本 里美

株式会社CARE PROGRESS JAPAN代表取締役
一般社団法人 日本キネステティク普及協会 代表理事

  • 2008年11月に株式会社CARE PROGRESS JAPANを設立。
  • 2014年9月一般社団法人日本キネステティク普及協会設立 設立時代表理事就任
  • 2015年4月から、日本ならではの生活場面・生活様式、日本人ならではの体型に沿ったケア方法を探究、独自のメソッドの展開をはじめて現在に至る。

☆☆

  • 看護師。ET/WOCナース。
  • (後に日本看護協会がはじめた 皮膚排泄ケア認定看護師の前身)の研修をアメリカで受けて帰国。
  • 看護師に復職後、腰痛・頸部痛などのトラブルのため、戦線離脱した時期もあったが、高齢者のスキンケアや排泄ケアに興味を持ち、その活動をしているときにキネステティクと出会う。
  • 修士(健康福祉学)、
  • facebook

    twitter