2018年ネオ・パーソナルはじめ


富士山の裾野にあたる御殿場にて、2018年最初のキネステティク・クラシック・ネオのパーソナルのセミナーはじめとなりました。

キネステティク・クラシックが始まったのは2015年4月からです。パーソナルレベルでは、キネステティクの言葉の意味を自分の動きの体験を通して知ることです。自分のカラダの動きはどのようになっているかに焦点を絞った学習に分けられました。結果、自分自身の健康増進に結びつけられるプログラムになりました。自分の事だけを丁寧に考える、自分と仲良くなる、結果自分の健康を守ることが学習のゴールです。

ほかの流派のキネステティクとは違う点です。

そして、さらに、2017年7月より、創始期のキネステティクと用語の定義を進化させました。医師である学術担当理事の澤口裕二氏により監修され、そのほかの科学とも整合性をもち、わかりやすい内容に進化しました。創始期のキネステティクには難色を示してきた人たちにも受け入れられるようになりました。

医学書院の看護教育でもキネステティク・クラシック・ネオの連載がスタートしました。

進化したネオで 本来のクラシック的な キネステティクを学習できる時代がやってきました。希望いっぱいの私たちを富士山が三日間応援してくれたようでした。

日本キネステティク普及協会のウェブサイトも少しずつ 追いついて行きたいと思います。http://www.nka.link/

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*