うまく学べない人の特徴


  1. キネステティク・クラシック(特にネオ)を学ぶにあたって、うまく学べない人の特徴について話題にしたいと思います。 キネステティク・クラシックは最初にパーソナルレベルというセルフケアを学ぶレベル からはじまります。 動きを体験して、それを言語化するという学び方をします。 セルフケアを学ぶということから、パーソナルレベルは、アスリートの方やアーティストの方、事務仕事をされてる方、教育に携わってる方、健康に関心の高い方、それから、人の介助に携わる方とさまざまです。 自分のカラダの動きを体験して、キネステティクの概念の意味を体験から理解していくので、メモを取るより、じっくりと「今、ここで」この瞬間に体験してることに注意を向けることが必要です。 体験するときには、ファシリテーターネオは、ノートを置いてください、と声をかけて、自分のカラダに注意を向けるように環境を整えるのです。学べない人はこの時、以下のような反応をします。

またしても、ノートをつかみ、カラダの体験を促す言葉をメモしはじめます。メモは体験ではありませんから、その人は体験ができません。そして、ノートは、私の話してる内容からワンテンポ過去のことを書いてることになります。

なぜ、そのようか行動をとるのでしょうかと聞いてみると、「帰ってから、伝達講習をしなくてはならない」とか、「自分のやってる〇〇の生徒さんに教えたい」と言われることが多いのです。 せっかく、体験にきたその時間に体験しないのはとてももったいない時間を体験することになります。 「今、どのように感じていますか?」と尋ねても、考えてたり、ノートにだけ集中しているので感覚は使っていません。だから、答えられません。 そして、一見差し障りのなさそうな、意味のない言葉を並べてその場をどうにか、収めようとするのです。 「何にもよくわからなかった」という体験になるか、「まだ、しっかりと言語化できるまではできないけど、これは深い学習だから、もっと学ぼう」になるか 分かれ道を選ぶのは自分次第。 体験しないで、メモばかりする方には、その方のために修了証は出せないかもしれない…と考えているところです。 大きく遅刻してくる人も、必要単位を満たせないし、体験が足りないので、同じ。 心と時間に余裕を持って、ご準備ください。 自分で自分の感覚を研ぎすませれば、それまで気づかなかったいろんなことが見えてきます。自分の足りないところが明らかになります。 人のお世話をするときも、セルフケアが不足しているところをお世話するのですから、自分で自分のセルフケアは体験により得た知識をおぎなうこと。 気づいて、楽しく学んでみましょう。 ご一緒に。 写真は沖縄でのファシリテーターレベル時のものです。 いい学習をする人たちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

中本 里美

株式会社CARE PROGRESS JAPAN代表取締役
一般社団法人 日本キネステティク普及協会 代表理事

  • 2008年11月に株式会社CARE PROGRESS JAPANを設立。
  • 2014年9月一般社団法人日本キネステティク普及協会設立 設立時代表理事就任
  • 2015年4月から、日本ならではの生活場面・生活様式、日本人ならではの体型に沿ったケア方法を探究、独自のメソッドの展開をはじめて現在に至る。

☆☆

  • 看護師。ET/WOCナース。
  • (後に日本看護協会がはじめた 皮膚排泄ケア認定看護師の前身)の研修をアメリカで受けて帰国。
  • 看護師に復職後、腰痛・頸部痛などのトラブルのため、戦線離脱した時期もあったが、高齢者のスキンケアや排泄ケアに興味を持ち、その活動をしているときにキネステティクと出会う。
  • 修士(健康福祉学)、
  • facebook

    twitter