文殊様以上の知恵(内容はその場にいた人だけの秘密)


ファシリテーターレベルの最終日、ワークショップは北野理事の指導のもと、グループ分けからファシリテーターが取り組みました。

その上で3つの切り口から、個人作業とグループ作業を繰り返しました。

その結果、目から鱗が落ちるような、アイディアの数々が生まれました。

プレゼンテーションタイムも、爆笑や「へぇ〜」の連続で、とても実りある楽しい時間となりました。

自分が変わることで、人への影響がかわる、政治への影響も与えられそうな、実現可能に思える気づきで締めくくられました。

このワークショップだけでも、セグメント1を受けにくる意味があるような濃い内容でした。

澤口理事の演習と講義の内容もしっかり反映されていました。

キネステティク・クラシック・ネオが普及していくことで、世界平和にもつながるという納得いく内容でした。

いろんな人に受けてもらいたいけれど、価値がわかる人だけが受けてくれたから、質の高い内容になったのでしょう。

このメンバーで学ぶ時間を持てたことに感謝でいっぱいです。

こういう志の高い人々にまた、受講していただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

中本 里美

株式会社CARE PROGRESS JAPAN代表取締役
一般社団法人 日本キネステティク普及協会 代表理事

  • 2008年11月に株式会社CARE PROGRESS JAPANを設立。
  • 2014年9月一般社団法人日本キネステティク普及協会設立 設立時代表理事就任
  • 2015年4月から、日本ならではの生活場面・生活様式、日本人ならではの体型に沿ったケア方法を探究、独自のメソッドの展開をはじめて現在に至る。

☆☆

  • 看護師。ET/WOCナース。
  • (後に日本看護協会がはじめた 皮膚排泄ケア認定看護師の前身)の研修をアメリカで受けて帰国。
  • 看護師に復職後、腰痛・頸部痛などのトラブルのため、戦線離脱した時期もあったが、高齢者のスキンケアや排泄ケアに興味を持ち、その活動をしているときにキネステティクと出会う。
  • 修士(健康福祉学)、
  • facebook

    twitter