キネステティク・クラシック・ネオ


セルフブランディングの受講後の感想をいただきました。


セルフブランディング

ワークショップに参加してくださったのは東北在住のファシリテーター7名でした。受講後の感想をいただきました。

・自分の事を見つめるとても良い機会になった。

・他人が自分をどう見ているか分かって、興味深かった。

・自分に対する自信が持てるようになった。

・自分のブランディングなんて考えた事が無かったので、大変面白かった。

・ネガティブな自分をポジティブに見ていてくれる人がいる事が分かって、とても嬉しかった。

・このワークショップを通じて、他人の良いところを見つけるのが上手くなっので、職場に戻ってからも他人の良いところを見つけて、ポジティブに接して行きたい。

・次回開催時は、友人を誘って、もう一度参加したいと思います。

・自分の良いところを見つけるのは少し恥ずかしかったが、とても嬉しい楽しい経験でした。

・私はこういう人ですと、説明する機会は今までなかったので、新鮮な経験でした。

・自慢できるネタを、いっぱい作って行こう思いました。

・とても分かりやすい説明で、腑に落ちる事が多かった。

・パワーポイントの使かい方が上手で、今まで見た事のないプレゼンテーションでしてた。

・上司に紹介したい

・後輩に声をかけて連れてくればよかった。

などでした。

2019年の新しい取り組み、セルフブランディング


1月11日は宮城県で、日本キネステティク初のセルフブランディング・ワークショップを開催しました。

ケアやリハビリに取り組んでいるまでにけあ研究会の仲間たちとの新しい取り組みでした。

※「までに」とはこの宮城地方の言葉で「丁寧に」の意です。

講師は日本キネステティク普及協会の北野理事。

セルフブランディングの講演の後、

セッション1では、「あなたの価値を再確認する」

セッション2では、「あなたらしさの本質を明確にする」

でした。

キネステティク・クラシック・ネオでは、体の動き、重さの動くオリエンテーションを言語化して考えていきます。セルフブランディングでは自分の自己評価のオリエンテーションに気づく時間になりました。

自分がひとに関わって行くときだけでなく、自分で考え事をするときにも、この内側のオリエーテーションは重要であることに気づきました。

東松島市のKIBOTCHAキボッチャを会場におかりしました。会議室は使いやすくて宿泊施設もあり、とても快適な場所でした。

2019年初の心と体のクリーン作戦


https://youtu.be/ATI-aLgj2gg

遅ればせながら、ブログからは2019年初発信となりました。

今年もよろしくお願いします。

今年最初の対外的な活動は、FMちゅーピーの心と体のクリーン作戦でした。

キネステティク・クラシック・ネオを学習して、「脳性麻痺だから、と問題をみつけて諦める生き方」から、「できるところを見つける生き方に変わってきた」仲地姉妹の進化の話を聞かせてもらえました。

私自身とても、学習させてもらうことが出来ました。

そこにあるのに、気づかれない大切なものを、気づいて大事に使っていくこと。

体だけでなく、心、考え方に共通する言葉の使い方をこれからも進化させていきたいと思います。

テーマソング

♯成底ゆう子さん

♯溢れる愛のはじまり

同じ体験をした人とだけ意味が通じる(怖い)


いつものお店にお菓子を買いに行きました。月に二回、茶と禅の講座用のお菓子を調達しています。

いつもは予約をして、取りに行くのですが、出張が続き、予約の電話をしそびれてしまいました。

いつもとは違う人が対応してくれました。私の欲しい数は8個。

数の揃うお菓子の種類はなく、2種類を5個と3個で奇数で買いたいので、その数で用意できるお菓子を尋ねました。すると

とても、つっけんどんに、不機嫌に、

「4個ずつ買えば、8個になるんだから、そうしてください」と押し付けられました。

ほかの店員さんが5個と3個で用意できるとあいだに入ってくださいました。

次の講座は翌週のため、予約して帰りたいと告げたところ、

また、つっけんどんにというか、意地悪に、

「月曜日からお菓子の種類が、かわるので月曜日に来店するか、ホームページを見て電話するように」と言われました。

でも、いつもの他の店員さんは、翌週からのお菓子の酩を教えてくださるので、意地悪と思いました。

そして、ホームページも何度か見せてもらいましたが、時々、時差があり、最新になってないのでした。

そのことを話すと、また、ガミガミと言われました。

「あのー、怒っておられるようですが、私、何か失礼なことを言ってしまいましたか?でしたら、あやまりますが、そんな対応される意味がよくわかりません。」

そう言うと、

「いいえ、じゃ、見せます。来週のお菓子です」と見せてくださいました。予約して帰れました。

翌週、ちょっと憂鬱な気持ちで予約したお菓子を取りに行きました。そのとき、対応してくれた不機嫌な方はいらっしゃらず

初めての別の方が対応してくださいました。

「今日は、あの怖い方がいらっしゃらないんですね。」と私が言うと

「今日はお休みなんです。でも、怖くないんですよ。優しいんですよ」とその方の答え。

あー、「あの怖い方」で通じてしまったのだと思いました。これは、同じような体験をした人だけに通じる記号。

体験から言葉の意味が共有できると

実感した出来事でした。

今は、どんなに感じ悪い日があっても、楽しく観察させてもらっています。これもお菓子を買いにいくよろこびの一つとなりました。

不機嫌対応ありがとうございまーす。

(写真は別のお店の羊羹と抹茶セットです。)

心と体のクリーン作戦 12月14日13時40分頃から


今日は2018年12月14日(金)
中国新聞のFMちゅーピーで
心と体のクリーン作戦(サニクリーン中国提供)です。

広島経済大学メディアビジネス学科の北野尚人先生が
心もカラダも楽になるかもしれない

ヒントを届けてくれる番組です。

本日13時40分頃から
電話ゲストは
日本キネステティク普及協会認定の
キネステティク・クラシックネオ ファシリテーターの
仲地仁菜さん。

テーマは「ラベル」

ラベルを外して、人生がこんなにかわったという経験談を仲地 仁菜さんから
話していただく予定です。

私は相づち係で登場します。

http://chupea.fm/

「介助知恵袋 わはは」の3号です


ケアの常識を塗り替える

そして辛いと感じている動きを楽に変える動きの指導者で
このメルマガ発行人の
中本里美satomi nakamotoです。

介助(介護や看護)が辛くて苦しんでいるあなたへ

日々の自分の動きにそして介助に
楽しく笑いながらできるようなヒントを
時々、ナチュラルテンションで
書いていきたいと思います。

今日は創刊第3号です。

第3号のメニューはこちらです。

---------------------------
<< もくじ >>
1.常識という思い込みを疑ってみる
2.常識を破って、楽になった人と接してみる
3.役に立つセミナー情報

---------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.常識という思い込みを疑ってみる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このままでは将来が不安…
続けられるか不安…
この辛さがいつまで続くか…
と辛い毎日を送っているなら

今が変わるチャンス。

あ、でもね
ここだけの話
本当はこの辛さを維持しておきたいという方も
いるかもしれません。
「私が幸せになってはいけない」と心のどこかで
思っているなら、まずは自分が幸せになる覚悟をしてから
読んでください。
その覚悟がない人は
言い訳だけが無限に湧いてきて行動に移せないからです。
なんでカラダも心もこんなにつらいのか、
考えてみてください。
それは、つらくなることをやり続けているから。

つらくならないやり方に変えられることが多いのに・・・。

先日ある介護福祉士会での研修会で、みんなで
自分のカラダの辛いことと、それに対する対処法を
点検しなおす!ということをやりましたが、
みなさん、自分が効果的でない対処をしていると
気づかれました。

気づいたら、そこからチェンジ!
対処法を変えるだけです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2.常識を破って、楽になった人と接してみる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★そんなんできるわけない!?

今、やっていることをもう少し楽に楽にするためには
今の自分の世界の中にいなかった人と接してみましょう。
近くにそんな人がいそうになかったら
まずは
こちらの動画を見ていただくのも効果的ですよ。

☆ユイとニナのキネステティククラシックネオの学習の軌跡(脳性麻痺からの学び)☆

例えば、生まれつき、カラダの左側の筋力が弱かったゆいさん。
脳性麻痺だから、自分のカラダの左側はあまり使えないと
思い込んでいました。
自分にレッテルを貼って生きてきました。
でも、ふと、自分の左側に関心を向けてみました。
何が得意で何が不得意か・・・。

ダメダメダメ出ししてきた彼女の左側は、
動きを止めるのは不得意で、
カラダの重さを支持面に流すことは上手だとわかりました。
右側だけで支えてきたカラダの重さを、
左膝が折れないように工夫してから、預けるようにすると、
今までより右側が楽に使えるようになりました。
以前より、少し自由になりました。
気づいては変える、気づいては変えてみる、
失敗したら修正するその小さな丁寧な行動で、
彼女自身も彼女をお世話する人達もとても楽になりました。

「セルフケアできるはずのところ」を発見してみる。
そんな彼女から直接話を聞くチャンスが
2月2日沖縄、3月23日広島で開催予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 3.お役立ち情報!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★ 介護や看護に取り入れられるツール

そして、自分自身のセルフケア能力を高めたり、誰かの
キネステティク・クラシック・ネオがここで学べます。

http://www.nka.link/schedule/course.html

★発行人 satomi nakamotoのブログ内でも
いろんな智恵を無料で公開しています。

http://blog.careprogress.co.jp/

★心とカラダの幸せプロジェクト facebookページ
https://www.facebook.com/careprogressjapanculture/
文化を学ぶとコミュニケーション能力が向上する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 4.読者の皆さまからのQ&H(質問とヒント)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
まだ実は23名の読者数
(多分知り合いばかりのはず、登録ありがとうございます)
なので、まだ質問が届きません。(笑)

あなたの疑問、お待ちしてます!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 介助知恵袋 わはは(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
また来週もおつき合いいただければ、嬉しいです。
今後ともよろしくお願いいたします。

次号をお楽しみに (平日の不定期に発行します)

(by satomi nakamoto)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発 行】 satomi nakamoto
http://blog.careprogress.co.jp/
【連絡先】reader_yuryo@mag2.com
【登録・解除】http://www.mag2.com/m/0001684897.html

——————————————————–
Copyright(C)2018 satomi nakamoto 
無断で転載、引用を禁じます。
——————————————————–
介助知恵袋 わはは
★セルフケア(自分のお世話)も介助(介護・看護も)も、
わははと笑ってできる知恵袋

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001684897.html
——————————————————–

言葉だけのバリアフリーに要注意!言葉と実際が違うことがあるよ。(広島ホテル事情)


電動車椅子を乗りこなす講師ゆいさんのために、宿泊ホテルの手配を試みています。

バリアフリー(ユニバーサルデザイン)のお部屋と表示されていても、一人で乗り越えられない段差があるところが多い。

それはバリア有りーです。

エントランスに段差あるところは、まるで、入ってはいけません!って言ってるようなもの。

お部屋のトイレには段差があるので、外に出て公衆トイレの多目的トイレを利用するようにすすめる宿も見つけました。

そんなの親切ではないよ。私が外に行けと言われたら、嫌だよ。パジャマから着替えて行くわけ?

お風呂など、滑りやすい環境の中で、止まるとことを助けてくれる手すりがなかったり、

お風呂の洗い場があっても

カラダを洗うときに座るお風呂用の椅子がなかったり…

広島のホテル事情は厳しいのかも…。

一人で探すのをやめて、旅行代理店のドアを叩く。

そうすると、こんな状況とは知らなかったと、親切に一緒に探してくださいました。頼れる人に会えてよかった。

体験したことのないことは、わからないから。

だからこそ、キネステティクをしっかり自分のカラダで使いながら、成長している、この講師の存在はありがたすぎるくらい、ありがたいと思いました。

あ、やっとやっとみつかった!

広島にもゆいさんに滞在してもらえる場所が、あった。

ホテルを見抜く目を持たせてくれたゆいさんに感謝です。(あなたの後ろ姿から学び続けます。)

「転ばないように気をつけて!と言われました。」無責任な声かけで混乱する高齢者 その2


前回、無責任な声かけの、前に爪をどうにかしようという話題をあげました。

転びそうになったら、どうしたらいいのか?

具体策を提示できますか?

残念ながら、そこに気づいてる人は少ないです。チコちゃんに叱られるくらいぼーっと見てます!(笑)

キネステティク・クラシック・ネオを学習している人なら、いくらでも対応策が浮かびますよ。

まずは足の裏や足指の感覚を使いやすくしておくこと。

足の皮膚の動きが悪くなれば圧や緊張を感じる動きの感覚は鈍くなります。

だから、第1に足指や足の皮膚を観察する。目の視覚を使い、手の皮膚の触覚を使い、本人であれば、反対側の足の皮膚の観察を使うこともできる。

そうした、興味をもつような観察を学習すると今までより、感覚が繊細になります。

『看護は観察ではじまる』と言う人たちは、本当にそんな効果的な観察をするといいですよ。』

カサカサしていたり、角質(がたくさんついてる人ほど)よく転ぶし、カラダに緊張が高いことに気づけたら、まずはぬるめのお湯でふやかして、柔らかい歯ブラシを使って石鹸を泡出てて、爪の周り、指と指のあいだ、足の裏を丁寧に洗う。

それから、そのような皮膚はバリア機能をする皮脂膜がないので、すぐにまた乾燥します。だから、水分がついてるうちに、または、改めてローションなどで保湿してから、クリームやオイルで閉じ込めましょう。

そうすると指がのびのびして使いやすくなる。

段差に気づきやすく、凸凹などにも対応しやすい足指づくりの第一歩。

爪も切りやすくなります。

私の足爪学習仲間の働く施設には、そういうことが全く理解できない人がいるらしい。

彼女が足指の手入れをしたり、足の大事さを利用者さんに伝えているときに、下ばっかりみてたら、転倒が防げない。上を見ろ!っていうそうです。どのように、その人は転倒を防ぐのが知りたいものだ。

見ていても転倒予防はできません。見守りするなら、足の手入れをしてください。

でないと、チコちゃんに叱られますよ!チコちゃんを見て、他の視点からモノを観れるようになるといいです。

転ばないようには…続くことになりそうです。

=====

まだ途中ですが、足爪ケアに役立つものをリストしはじめました。

http://blog.careprogress.co.jp/%E8%B6%B3%E7%88%AA%E3%83%95%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B1%E3%82%A2%E3%81%8A%E5%BD%B9%E7%AB%8B%E3%81%A1%E3%82%B0%E3%83%83%E3%82%BA/

観察や適切なケアができない人たちから身を守ることができるかもしれないメールマガジンを始めることにしました。セルフケアできる人を増やしたい!

メルマガタイトル:介助知恵袋 わはは ★セルフケア(自分のお世話)も介助
(介護・看護も)も、わははと笑ってできる知恵袋

http://www.mag2.com/m/0001684897.html

よろしかったら登録してください。

キネステティク・クラシック・ネオを学びたい方

http://blog.careprogress.co.jp/%E3%81%8A%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%A1%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC/

日本キネステティク普及協会にも情報を見に来てください。

http://www.nka.link/

=====

自ら学ぶ姿を見せる人の素晴らしさ


先日、公立大学法人名桜大学大学院での講義を仰せつかり、キネステティク・クラシック・ネオの応用や可能性について、体験を含めての講義を実施しました。

大学院の授業でしたが、大学院生2名と受講を希望した看護学部生5名と地域の方が受講しました。

企画をしてくださった基礎看護学領域の教授と准教授も一緒に参加されました。

実習や体験会などの企画をされていても、ほとんどのところでは、企画者は傍観しているか、その場にはいないことが多いのです。

「大事なことなので」とか、「素晴らしい内容なので」「遠くからワザワザ来ていただいて…」と言葉では言ってくれても、自分では聞かない、参加しない。大事に考えてくれていると言葉だけで言っていても、その態度からは、その場にいる人たちにも、私にも伝わってこないことが多いのです。

約五年の間、名桜大学の企画者は、たくさんの時間や機会をつくってくださり、そして、そこに学びに来てる人たちと、共に学ぶ姿勢を保ち続けてくださっています。それが、学生たちにも伝わっていて、私も気持ちよく知ってることを、ドンドンお伝えしてパフォーマンスが上がりました。

学生は教員の学ぶ態度を通していい聴衆としての学習をしたと思います。

「共に学ぶ先人と、任せっぱなしにして別のことをする先人」

まるで、少し前にベストセラーになった「金持ち父さん、貧乏父さん」との対比のようです。

大事なことを学び続けていける団体と、それっきりの団体の差は、ドンドン開いていくのでしょうね。

進化を続ける人は、他者も進化をすることを理解しているので、学習を継続しようと心がける。

そんな人が周りにいることは、しあわせだ。

あ、私はしあわせだ。

ありがたい。

「転ばないように気をつけて!と言われました。」無責任な声かけで混乱する高齢者


転ばないための具体策がどれだけ、思いつきますか?

靴下をきちんと履くとか、靴をきちんと履くとか?

では、そのきちんとってどういうのがきちんとって言えますか?

アドバイスする立場の人は、ちゃんと言葉を使ってアドバイスしてほしい!具体的に

先日、お会いした90代の女性。「みんなに転ばないでね!と言われる。でも、爪どうにかしたい、引っかかってうまく歩けないと言ったら、爪はそのまま、歩行器を使うように言われた。私の爪が悪いから、仕方ない。誰にもきれない恐ろしい爪—-」と言われました。

残念ながら、介助者の能力不足です!

本当はね!今まで出会われた介護や看護をする人が、たまたま能力を持ってなかったり、能力を持ってる人を知らない、何か解決策が見つかるまで、探し続けなかっただけなんですよーーー!

国家資格にあぐらをかいているといえば、言い過ぎかもしれないけど、そんなところはあります。資格がゴールになってる一面。

なんでも、標準化、マニュアル化が進んでしまい、マニュアル通りにやらないと評価されない。

だから、質の高いケアをしたら気に入られないところもあるそうです。

「素晴らしいケアをするとみんなが出来ないのが目立つから、素晴らしいケアをするな!」と言われるところもあります。(私も若い頃、言われたことがあります。)

転倒って、足を使って歩く時に起こるのだから、このような爪にならないように、予防することも対処することも靴下や靴を考える前に重要なことに、気づいてもらいたいと思います。気づいたら、その知識を持つだけ、困り続けるより簡単。

今なら、沖縄、名護と広島ではセミナー開催中なので、見学に来ることは可能です。

転ばないように気をつけて!と具体策が言えるプロに…

この話は次回に続く…