キネステティク・クラシック・ネオ


足爪ケアとキネクラネオでセルフケア能力を高めて、剣道上達して優勝したって報告が届きました!



2019年3月20日、広島市内の小学校は卒業式だったそうです。一枚の写真が届きました。

それは、股関節の痛みがあり整形外科では異常なしで、困ってやってきたK君の卒業式の写真でした。

小学校六年生、剣道をやってるK君は松葉杖と母親と祖母の付き添いのもと、カラダの事を学びに来てくれたのは、半年くらい前?小学校最後の運動会の前でした。

足の裏に、タコがたくさん。そして不安定な歩きになるだろう足指の形を無視した爪の切り方。

そして、足に力が入りすぎる、立ち方、歩き方。

そのことに気づけるように、「カラダの重」さ、感覚」の体験をして、「マスとつなぎというカラダの働きについて学習して、「骨と筋肉」の役割と使い分け、そして「押しと引き」という力の違いについて学習をしてもらいました。

そうすると、重力とのコミュニケーションの取り方が体験から理解できたようです。

すぐに松葉杖は不要となり、自分の痛みを観察しながらの動きができるようになりました。

数日にわたり、自分で自分の動きを観察してもらったあと、今度は、爪と足の皮膚の手入れができるようにセルフケアの学習をしてくれました。

器用だ。そして、痛みが取れていたので、カラダを柔らかく使うことができていて、爪のセルフケアの準備もバッチリでした。

腕の伸びる足の使い方を伝授して、きっと誰より強くなると思い、そんな話をしました。

そうして届いた、優勝したというお知らせ。

K君おめでとう。

K君ありがとう!

時々、お子様がキネステティク・クラシック・ネオの学習に来られますが、カラダに対する思い込みが大人に比べて少ないので、ちゃんと自分のカラダに今起こっていることを観察できます。だから、学習してが早い!

診断や治療も大切ですが、カラダが落ち着いたところで、カラダの安全な使い方を学ぶと回復が早い!

いろんなスポーツをする人たちにも、大好きなことを安全に楽しくするために学んで欲しい!

でも、秘密にする人もいます。こっそり水面下で拡大中(笑)

いつかカープの選手たちにも関わりたいよー。

この足はご親族の足です。

#少年剣士と足爪フットケアセルフケア

#足爪フットケアアドバイザー、#キネクラネオ #キネステティク・クラシック・ネオ

#キネステティク・クラシック・ネオはスポーツにも有効

#痛みがある時は、学習が役に立つことがある!

#秘密にしたいキネステティク・クラシック・ネオ

更年期のチャンス!キネステティク・クラシック・ネオ



更年期はチャンス!

なんのチャンスかというと、キネステティク・クラシック・ネオを学ぶチャンスです。

50歳、そうです、アラフィフ、ジャストフィフ!

カラダの変わりドキ。

人によって違いがあるとは思いますが、いろんな変化があるでしょう。

ただ、不快に思うのでなく

不安に思うのではなく、

今、何が起きているかを

気づいて分析するのに

キネステティク・クラシック・ネオによる

言語化が役に立つんです

汗がだくだくでるとか

薬の副作用がどうとか

気分がイライラするとか

実際に今、起きてる人、

まわりにそのようなことで混乱してる人がいる、

そういう人に

集まってほしいので

更年期キネクラネオ

パーソナルレベル更年期番外編を開催することにしました。

更年期はまだだけど興味ある人、

更年期は過ぎたけど興味ある人も

参加オッケーにします。

更年期を言語化できれば

ひと花咲くみたいに

楽しい!

詳細は後日ですが、

希望メッセージあれば

うれしいです。

あー、90年の爪の悩みが解決しそう!



本部町のどりーむはうす様にて、足爪シスターズの実習にご協力いただきました。

同意書をくださった4名の方と、飛び入りで参加してくださった2名と、巻き爪で痛みのあるスタッフさん計7名の方の足と爪のお手入れをさせていただきました。

巻いてて、歩くのも痛い、ちょっと伸びたら皮膚を突き刺しそう、分厚くなって切れにくい。

どの問題も歩き方を変えて、靴下の履き方、靴の選び方をかえて、お風呂での洗い方を変えることで改善していきます。

爪の切り方も、爪を道具として養う視点を持つことが大切。

ホールでワイワイとお話しながら、お手入れしながら、健康教育、学習のアドバイスをするのが、「足爪フットケア アドバイザー」の役割です。

「ただ、切るだけじゃだめなんだね!いままで、爪のことを災いみたいに思っていたけど、これから大事にするね」

「歩きやすくなった、信じられない!」

「今まで、誰に聞いても、解決できないと思っていたけど90年くらいの悩みが今日一日で解決したさ!ありがとーねー」

そして、駐車場でずっとお見送りしてくださった方もいてくださいました。

ずっとカラダの動きを楽にするために

使い続けていける足づくり。悩みはなるべく早く解決できる方がいい。

そして、悩みを他人事と思わず、解決できる策を一緒に考えてくれる人がいてくれるといい。

実際にケアできる人が近くにいてくれる人がいるともっといい。

知ってて選んでくれる人が必要ですけどね。

長年の悩みを解決できたうちなー足爪シスターズに拍手です。

広島で5月から新期コースをはじめようと思います。

左上の写真は具志堅家(加代子さんと時乃さんのいい写真がなかった)

足爪研修終了。お礼参りの桜



昨年の4月より、沖縄北部で足や足爪のアドバイザーになりたい人のための学習コースを行いました。

2月18日、7名全員が修了しました。

会場を提供してくれた時乃さんは、47歳直前に初産ですみかくんを出産して

すみかくんに見守られながら、励まされながら学習が進みました。

お父さんのひとしさんに、実習環境も調整してもらい、全員、腕を上げました。

今朝は、そのご近所の由緒あるお寺に、お礼参りに行きました。

おかげさまで20代から60代までの足爪シスターズがうちなーに誕生です。

足や爪のお手入れをアドバイスして、たくさんの人々の生活、命の質を上げていきましょう。

みなさん、ご協力、応援ありがとうございました。

誰か紹介してもらえませんか?スタッフが足りないという依頼 。お断りしました。



【楽しい職場、やりがいのある職場づくりにキネステティク・クラシック・ネオが有効かも】

働き手を紹介してほしいという、問い合わせがよく来ます。

スタッフが辞めて、勤務が回らない。話を聞いてみると、キネステを知らないリハビリ職(または体験程度の理解出来てないレベルの人)に、ボディメカニクス中心の人間フォークリフ式の身体介助技術を学んで、

その通りにやっていると、介護職員が腰を壊すそうです。

もう、原因は、そこにあると人材紹介を頼んできた本人も言ってるわけです。

なのに、放置しているようなところに大切な友人達を紹介するわけにはいきません。

労働者が続かない原因には、いくつかの要因があると思います。

医師が無茶なオーダーを出す。

看護管理者が改革を、嫌う。

ボスキャラがいてモラルハラスメントが蔓延っているなど。

でも、解決法の一つに、キネステティク・クラシック・ネオを他職種間の共通言語として使うことができます。

自分の体の構造について、体験から言語化して考えられるようになるので、患者さんの立場に立ったアセスメントができるようになるし、

実践が楽しくなります。

楽しい職場だと、大切な知り合いを、紹介しやすくなりますし、

そもそも、人はやめないかもしれない。

キネステ 足爪 やらない理由 エビデンスを言い訳にする人々



沖縄では、発売当時のままのパッケージのボンカレーが売られています。
他の地域で売られているパッケージでは
売れなくなる、というエビデンスがあるからです。

試してみてダメだったというエビデンスがあっての、パッケージの維持なのです。

今日は、このエビデンスの話をしたいと思います。

現在の看護や介護の世界では、教科書に「足爪のケアの大切さ」はほとんど書かれていません。

「転倒予防」と大騒ぎして、挙句の果てに転ばないように、歩かせないようにして、患者さんを寝たきりになりやすくさせてしまっています。

皆さん、「本当は怖い話」で紹介してほしいくらい怖い話なんですよ!

この転倒の問題を解決しやすくなるような「動きの言語化のツール」を導入し、
足爪のケアができるようになった看護者や介護者に浴びせられる言葉は、次のようなものが多いと思います。

「やりたいなら、先にエビデンスを出せ」と。

実践をさせようとせず、試しもせずに否定的な態度を取る管理者が多いのです。
「患者さんの状況が改善していない」というエビデンスがあるにも関わらず、改善の方法を試しもせずに、自分の保身のために、そういう発言をするのです。
もしくは、思考停止の状態が心地よい人なのかもしれません。

私はそのように言われた時には、必ず次のような質問をします。

「では、今までのやり方が、わたしがやろうとしていることより優れているというエビデンスを見せてください。
そうしたら、わたしが患者さんのためにやろうとしていることをやめる決心ができます。」
(心のなかでは「タワゴト言ってる場合じゃないんだよ!」と思っています。)

「ぼーと生きていたら、さとちゃんに叱られる」と、私の仲間たちは言います。

根拠のない、患者さんの立場にならない
虚言に左右されない挑戦をしていきましょう。

困ってる人には光!学ばない人には目の毒



【患者さんや利用者さんを

辛い目に合わせても平気な人は見ないほうがいい!】

他人事と思ってない人だけが

シェアしてくれて

全国展開している

キネクラネオ

若手ホープの仲地姉妹による

動きの言語化 麻痺側について

先日、沖縄で仲地姉妹とキネステティク普及協会、澤口理事と北野理事という豪華メンバーによるワークショップが行われました。

キネステティク・クラシック・ネオが

2人の姉妹が闇の中にいたとき、光になって

今は明るい。未来も明るい。

そして、学んだ人はだれでも

誰かの光になれる。

https://www.yuima-ru-ny.com/2019/01/29/%E9%BA%BB%E7%97%BA%E5%81%B4%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%84%8F%E8%AD%98/

相談ごとも、せり鍋も「いま」が大事



相談ごとも、せり鍋も「今」が大事です。
食べ物では旬といいますが、
相談事も 困っている今が大事。

多くのひとが、
困っていても、今までなんとかやってきたのだから
なんとかなる!と勘違いしたまま
蓋をして過ぎてしまいます。

石巻市立病院と日赤病院メンバーで構成される「までにけあ研究会」の
皆さんは、私も見習っていますが、
先延ばしにしません。
までにけあ研究会

思い立ったらすぐ行動する。
優先順位を見極める。

今、何かをするときと
自分が先延ばしするときと
メリット・デメリットを考える

そうやって
育ててきた
自分の実力。

これからは求めている人達に
届けていくようです。

そうして1月11日の夜は
キネステよろづ相談は夜中まで繰り広げられました。

眠気を感じないくらい
楽しい夜でした。

ところで、せり鍋ですが
通販でも近い味を手に入れることができます。
今の旬の季節限定です。

せりの根っこがおいしい
大地のめぐみいっぱい

追加用せり

鍋に追加用の鶏だんご

せり鍋もっと追加用
三角揚げ

応援の定義について考えた



応援の定義について考えてみた

大辞林 第三版の解説によると
おうえん【応援】とは

( 名 ) スル
① 他人の手助けをすること。また、その人。 「友人の-を仰ぐ」 「地元候補を-する」
② (競技・試合などで)歌を歌ったり声をかけたりして味方のチーム・選手を元気づけること。
「母校のチームを-する」 「 -合戦」 → 支援(補説欄)

さらに
しえん【支援】とは

( 名 ) スル
他人を支えたすけること。援助。後援。
「友人の事業を-する」 「 -の手をさしのべる」 〔類義の語に「応援」があるが、
「応援」は人やチームを元気づけて精神的に助ける意を表す。
それに対して「支援」は労力や金銭などの面で、その活動や事業を助ける意を表す〕

とあった。

なぜ、定義を調べたかは
「こんなに応援しているのに、なぜ気づかないのか!」とある人に言われたことがきっかけなのです。

でもその人から手助けを受けた体験がない。
歌を歌ってもらったことはない。
励ましてもらったりしたこともない。
労力や金銭などの支援を受けたこともない。

私の定義とその人の定義は違うんでしょう。
次からは
私に伝わるような応援をよろしくお願いした。

そして応援の定義が明らかになったことを
感謝した。

この事業とはじめて10年以上たつけど
会社に訪ねてきてもらったことは
一度もない。

誰かを紹介してきてくれたこともない。

言葉はうそをつけるが
行動はうそをつけない。

ちーーん!