かに道楽広島店で介助講座



【医療や介護の現場でも 積極的に取り入れたらいいのに・・・】

もう、ひと月半も前になりますが、6月の吉日かに道楽広島店(広島市中区流川)にて介助の必要なお客様が来られたときの介助についての

講座を開催しました。

http://douraku.co.jp/west/hiroshima/

開店前の時間に広島店だけでなく 松山からもスタッフの方が集まられました。

 

楽な介助の極意や自分のカラダの守り方などを体験学習しました。

 

介護のお仕事の経験者さんもおられました。

もっと、そういう現場で使っていけばいいのに・・・

と言ってくださいました。

 

楽な介助を受けると

食欲も味覚もぐっと良くなりますから、

快適なお食事処として選びたい場所です。

 

このご縁は町田宗鳳先生のセミナーでの出会いからです。

余興の一つで体の動きや介助のワンポイントをさせていただいたとき

女将さんが気に入ってくださって、

現在もお母様の介護に取り入れてくださっています。

 

 

スライド3

 

スライド1 スライド6 スライド7

医療や介護の現場でも

もっと積極的に

取り入れたらいいのにねぇ!

 

もっと広まるといいです。

 

応援してくださる方に感謝の気持ちをしっかり持ちつつ

種をまき続けます。

 

 

 

プロフィール

中本 里美

株式会社CARE PROGRESS JAPAN代表取締役
一般社団法人 日本キネステティク普及協会 代表理事

  • 2008年11月に株式会社CARE PROGRESS JAPANを設立。
  • 2014年9月一般社団法人日本キネステティク普及協会設立 設立時代表理事就任
  • 2015年4月から、日本ならではの生活場面・生活様式、日本人ならではの体型に沿ったケア方法を探究、独自のメソッドの展開をはじめて現在に至る。

☆☆

  • 看護師。ET/WOCナース。
  • (後に日本看護協会がはじめた 皮膚排泄ケア認定看護師の前身)の研修をアメリカで受けて帰国。
  • 看護師に復職後、腰痛・頸部痛などのトラブルのため、戦線離脱した時期もあったが、高齢者のスキンケアや排泄ケアに興味を持ち、その活動をしているときにキネステティクと出会う。
  • 修士(健康福祉学)、
  • facebook

    twitter