キネステティクス体験会



新聞に掲載していただいた後、はじめての体験会でした。
講師は私、なかもと。
 
新聞を読んできてくださった、熱心なみなさんと
新しいことを知る喜びを共有させていただきました。
 
実は、広島県人だけのキネステティクス体験会は
今日がはじめて。
 
広島弁で語れるっていいな。
 
うれしくてうれしくて
体験の時間がおわった後も
みなさん、残っておはなししてくださり、本当にたのしい
たのしい
体験会になりました。
 
ご都合わるくて
来ていただけなくなった方が
おられましたが、
きっとまたお会いできますね。
 
雨の中、ありがとうございました。

ベーシックコースG日程終了



110624_1434~01.jpg
今日は、たのけんでのキネステティクスベーシックコースG日程が無事に終わりました。
昨日までの二日間は福岡から、2期の教師養成コースを卒業したUさんが
自己学習のために参加してくださっていました。
今日は、さあさんの市民公開講座に参加して、キネステティクスに興味を持ってくださったナースの方が
見学参加をしてくださっていました。
そして、今日は3日目。
3人の方に修了証書をお渡しすることが出来ました。
自分の体に注意を向けること、それが、自分の毎日を快適にする事もできるし、
人の動きを手伝うときに役に立つ。
そんな実感をした時に、
ふと、壁の日めくりカレンダーを目にしたら・・・
あらあら、
ぜんきゅうさんのカレンダーなのですが、
これが、キネステティクスの極意ですよね。
相手がしてほしくないことは
しないように!
そのこと自体に気づけないのは
罪深いですね。
そんな気づきを
楽しい生活動作の研究所でしてもらえると
うれしいです。
一緒に気づけば、
一人では気づかないことに
気づけるかも・・・

プロフィール

中本 里美

株式会社CARE PROGRESS JAPAN代表取締役
一般社団法人 日本キネステティク普及協会 代表理事

  • 2008年11月に株式会社CARE PROGRESS JAPANを設立。
  • 2014年9月一般社団法人日本キネステティク普及協会設立 設立時代表理事就任
  • 2015年4月から、日本ならではの生活場面・生活様式、日本人ならではの体型に沿ったケア方法を探究、独自のメソッドの展開をはじめて現在に至る。

☆☆

  • 看護師。ET/WOCナース。
  • (後に日本看護協会がはじめた 皮膚排泄ケア認定看護師の前身)の研修をアメリカで受けて帰国。
  • 看護師に復職後、腰痛・頸部痛などのトラブルのため、戦線離脱した時期もあったが、高齢者のスキンケアや排泄ケアに興味を持ち、その活動をしているときにキネステティクと出会う。
  • 修士(健康福祉学)、
  • facebook

    twitter