介助者の能力

誰か紹介してもらえませんか?スタッフが足りないという依頼 。お断りしました。


【楽しい職場、やりがいのある職場づくりにキネステティク・クラシック・ネオが有効かも】

働き手を紹介してほしいという、問い合わせがよく来ます。

スタッフが辞めて、勤務が回らない。話を聞いてみると、キネステを知らないリハビリ職(または体験程度の理解出来てないレベルの人)に、ボディメカニクス中心の人間フォークリフ式の身体介助技術を学んで、

その通りにやっていると、介護職員が腰を壊すそうです。

もう、原因は、そこにあると人材紹介を頼んできた本人も言ってるわけです。

なのに、放置しているようなところに大切な友人達を紹介するわけにはいきません。

労働者が続かない原因には、いくつかの要因があると思います。

医師が無茶なオーダーを出す。

看護管理者が改革を、嫌う。

ボスキャラがいてモラルハラスメントが蔓延っているなど。

でも、解決法の一つに、キネステティク・クラシック・ネオを他職種間の共通言語として使うことができます。

自分の体の構造について、体験から言語化して考えられるようになるので、患者さんの立場に立ったアセスメントができるようになるし、

実践が楽しくなります。

楽しい職場だと、大切な知り合いを、紹介しやすくなりますし、

そもそも、人はやめないかもしれない。

キネステ 足爪 やらない理由 エビデンスを言い訳にする人々


沖縄では、発売当時のままのパッケージのボンカレーが売られています。
他の地域で売られているパッケージでは
売れなくなる、というエビデンスがあるからです。

試してみてダメだったというエビデンスがあっての、パッケージの維持なのです。

今日は、このエビデンスの話をしたいと思います。

現在の看護や介護の世界では、教科書に「足爪のケアの大切さ」はほとんど書かれていません。

「転倒予防」と大騒ぎして、挙句の果てに転ばないように、歩かせないようにして、患者さんを寝たきりになりやすくさせてしまっています。

皆さん、「本当は怖い話」で紹介してほしいくらい怖い話なんですよ!

この転倒の問題を解決しやすくなるような「動きの言語化のツール」を導入し、
足爪のケアができるようになった看護者や介護者に浴びせられる言葉は、次のようなものが多いと思います。

「やりたいなら、先にエビデンスを出せ」と。

実践をさせようとせず、試しもせずに否定的な態度を取る管理者が多いのです。
「患者さんの状況が改善していない」というエビデンスがあるにも関わらず、改善の方法を試しもせずに、自分の保身のために、そういう発言をするのです。
もしくは、思考停止の状態が心地よい人なのかもしれません。

私はそのように言われた時には、必ず次のような質問をします。

「では、今までのやり方が、わたしがやろうとしていることより優れているというエビデンスを見せてください。
そうしたら、わたしが患者さんのためにやろうとしていることをやめる決心ができます。」
(心のなかでは「タワゴト言ってる場合じゃないんだよ!」と思っています。)

「ぼーと生きていたら、さとちゃんに叱られる」と、私の仲間たちは言います。

根拠のない、患者さんの立場にならない
虚言に左右されない挑戦をしていきましょう。

セルフブランディングの受講後の感想をいただきました。


セルフブランディング

ワークショップに参加してくださったのは東北在住のファシリテーター7名でした。受講後の感想をいただきました。

・自分の事を見つめるとても良い機会になった。

・他人が自分をどう見ているか分かって、興味深かった。

・自分に対する自信が持てるようになった。

・自分のブランディングなんて考えた事が無かったので、大変面白かった。

・ネガティブな自分をポジティブに見ていてくれる人がいる事が分かって、とても嬉しかった。

・このワークショップを通じて、他人の良いところを見つけるのが上手くなっので、職場に戻ってからも他人の良いところを見つけて、ポジティブに接して行きたい。

・次回開催時は、友人を誘って、もう一度参加したいと思います。

・自分の良いところを見つけるのは少し恥ずかしかったが、とても嬉しい楽しい経験でした。

・私はこういう人ですと、説明する機会は今までなかったので、新鮮な経験でした。

・自慢できるネタを、いっぱい作って行こう思いました。

・とても分かりやすい説明で、腑に落ちる事が多かった。

・パワーポイントの使かい方が上手で、今まで見た事のないプレゼンテーションでしてた。

・上司に紹介したい

・後輩に声をかけて連れてくればよかった。

などでした。

2019年の新しい取り組み、セルフブランディング


1月11日は宮城県で、日本キネステティク初のセルフブランディング・ワークショップを開催しました。

ケアやリハビリに取り組んでいるまでにけあ研究会の仲間たちとの新しい取り組みでした。

※「までに」とはこの宮城地方の言葉で「丁寧に」の意です。

講師は日本キネステティク普及協会の北野理事。

セルフブランディングの講演の後、

セッション1では、「あなたの価値を再確認する」

セッション2では、「あなたらしさの本質を明確にする」

でした。

キネステティク・クラシック・ネオでは、体の動き、重さの動くオリエンテーションを言語化して考えていきます。セルフブランディングでは自分の自己評価のオリエンテーションに気づく時間になりました。

自分がひとに関わって行くときだけでなく、自分で考え事をするときにも、この内側のオリエーテーションは重要であることに気づきました。

東松島市のKIBOTCHAキボッチャを会場におかりしました。会議室は使いやすくて宿泊施設もあり、とても快適な場所でした。

2019年初の心と体のクリーン作戦


https://youtu.be/ATI-aLgj2gg

遅ればせながら、ブログからは2019年初発信となりました。

今年もよろしくお願いします。

今年最初の対外的な活動は、FMちゅーピーの心と体のクリーン作戦でした。

キネステティク・クラシック・ネオを学習して、「脳性麻痺だから、と問題をみつけて諦める生き方」から、「できるところを見つける生き方に変わってきた」仲地姉妹の進化の話を聞かせてもらえました。

私自身とても、学習させてもらうことが出来ました。

そこにあるのに、気づかれない大切なものを、気づいて大事に使っていくこと。

体だけでなく、心、考え方に共通する言葉の使い方をこれからも進化させていきたいと思います。

テーマソング

♯成底ゆう子さん

♯溢れる愛のはじまり

心と体のクリーン作戦 12月14日13時40分頃から


今日は2018年12月14日(金)
中国新聞のFMちゅーピーで
心と体のクリーン作戦(サニクリーン中国提供)です。

広島経済大学メディアビジネス学科の北野尚人先生が
心もカラダも楽になるかもしれない

ヒントを届けてくれる番組です。

本日13時40分頃から
電話ゲストは
日本キネステティク普及協会認定の
キネステティク・クラシックネオ ファシリテーターの
仲地仁菜さん。

テーマは「ラベル」

ラベルを外して、人生がこんなにかわったという経験談を仲地 仁菜さんから
話していただく予定です。

私は相づち係で登場します。

http://chupea.fm/

介助の知恵袋 わははの2号です


こんばんは。

ケアの常識を塗り替える

そして辛いと感じている動きを楽に変える動きの指導者で
このメルマガ発行人の中本里美satomi nakamotoです。

介助(介護や看護)が辛くて苦しんでいるあなたへ
日々の自分の動きにそして介助に
楽しく笑いながらできるような
ヒントを
時々、ナチュラルテンションで
書いていきたいと思います。

第2号のメニューはこちらです。

---------------------------
<< もくじ >>
1.日本の抱える現状
2.介助とセルフケアについて
3.役に立つセミナー情報

---------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.日本の抱える現状
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨日もお話ししましたが、ついに日本は猛スピードで
少子高齢社会を進行中。

間もなく、国民の3人に1人が高齢者
になるという新しい時代です。

人口減少社会ですから、人は足りない。
だから今までの時代のようなやり方をしていたら、
新しい時代には対応できません。

今までのやり方を続けてきた結果、
たくさんの寝たきり高齢者と
腰が痛い、カラダがつらい、心もつらいという
介助者をたくさん抱える国になっています。

わははと笑っている状況ではないのです。

ここでちょっと立ち止まって考えてみませんか?
そもそも介助って何か….

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2.介助とセルフケアについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★考えてもらえましたか?そもそも介助とは何か・・・
「セルフケアが不足」しているところをお手伝いすることでは

なかったでしょうか?

もしも
個別性を大切にとか、その人らしくとか言いながら、
一人ひとりのセルフケア能力をきちんと見ないで
マニュアルどおりで、流れ作業のように
お世話が行われていたとしたら、どうでしょう。

過剰な介助が行われているということになります。

介助する人はどんどん仕事が増えてきます。
ほんとはセルフケア能力のある動作でも、奪われてしまったら
どんどん機能が落ちてくる可能性があります。

そこで必要なのは、介助者の能力のうちの
「観察力」です。

10年間看護や介護のコンサルティングをしてきて
一番問題だと思ったのがこれでした。

介助者は自分で自分の首をしめると言えるようなことをしてい

ることが多いのです。

そして、意図せず奪ってしまっているセルフケア能力と
自分の人生の責任。

転倒したら、スタッフの責任になるからと、檻(ベッド柵)に

閉じ込めてみたり、監視したり(離床センサー)、自分でされ

たらいやではないですか?

そうそう、変だ、ははは!(苦笑い)と同意してくれた人は
一歩前進

こんなの、当然にやらねきゃならないと思った人は
ちょっと危機感を持ってこれから、
お付き合いしていきましょう。

自分で自分の動きに責任を持つ、

例えば転んだら、
次、転ばないように工夫する
(歩き方、靴、靴下、爪、足のスキンケア)。

工夫できることはたくさんあります。
介助する人は、介助される人のセルフケア能力を伸ばすことが

最大の目標だと思うんです。

自分でできない時は、
誰かにお願いするのもセルフケアの延長だと思っています。
(その後 しっかり御礼をいう)

これから、少し
自分の中にある思い込みを
整理するための機会を持つようにしたいと思います。

やらなくていいことやっているのに気づいたら
それをやめるだけ

時間が増える、体力もセーブできる。

余った時間でいろいろできる。

介助を受ける人は自分でできることが増えると、
自分に自信が持てるようになる。

うつや認知症の症状が少し改善されるといいなぁ・・・
(実際、そんな方々をたくさん見てきましたが、
JAROに注意されたらいけないので言わない)

そうなったらお互い わはは!でしょう?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 3.役に立つセミナー情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★ 介護や看護に取り入れられるツール

そして、自分自身のセルフケア能力を高めたり、誰かのセルフ

ケア能力を観察してアセスメントしてプランできるようになる

ための思考を学ぶことができます。
これは本を読んでも、メルマガを読んでもだめ!
体験と実践と言語化してくれる指導者が必要。
そのためのツール

キネステティク・クラシック・ネオがここで学べます。

http://www.nka.link/schedule/course.html

ファシリテーターネオは学び続ける人。
学習の仕方がわかれば、あらゆる分野で応用できます。
だって、人生は自分のカラダで進むのですから。
認定ファシリテーターネオから学ぶことを
おススメします。

★発行人 satomi nakamotoのブログ内でも
いろんな智恵を無料で公開しています。

http://blog.careprogress.co.jp/

★心とカラダの幸せプロジェクト facebookページ
https://www.facebook.com/careprogressjapanculture/
文化を学ぶとコミュニケーション能力が向上する

「毎日を豊かにする茶と禅」

茶道とは五感と知識を統合させながら、コミュニケーションを

学ぶことだと気づき、今、学ぶのが楽しくてたまらない。
明治時代までは、男性にしか門が開かれてなかったもの。
茶禅一味と言われるように、気づき方(アウェアネス)を学べ

ます。特に、人をお世話する人達にはヒントになること満載!

(知的好奇心という受け取り能力は必要です。
知的好奇心のない人はつまらないと感じてしまうと思います)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 介助知恵袋 わはは(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

★CARE(セルフケアもお世話も)進化(PROGRESS)させる!!

ことが私のミッション

今のままでは辛いと思っている方々にヒントを届けたい。

でも1号、2号と読んでくださって、気づかれたかもしれません

が、「介助知恵袋 わはは」はテクニックを教えるメルマガで

はありません。

動く主体の自分、その体を動かす自分、そして人のカラダの動

きを手伝う自分の考え方に、変化を起こして、辛いと感じてい

る動きを楽に変えるお手伝いをしていきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

次号をお楽しみに (平日の不定期に発行します)

(by satomi nakamoto)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発 行】 satomi nakamoto
http://blog.careprogress.co.jp/
【連絡先】reader_yuryo@mag2.com
【登録・解除】http://www.mag2.com/m/0001684897.html

——————————————————–
Copyright(C)2018 satomi nakamoto
無断で転載、引用を禁じます。
したいときは申請してください!
——————————————————–
介助知恵袋 わはは
★セルフケア(自分のお世話)も介助(介護・看護も)も、
わははと笑ってできる知恵袋

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001684897.html
——————————————————–

「転ばないように気をつけて!と言われました。」無責任な声かけで混乱する高齢者 その2


前回、無責任な声かけの、前に爪をどうにかしようという話題をあげました。

転びそうになったら、どうしたらいいのか?

具体策を提示できますか?

残念ながら、そこに気づいてる人は少ないです。チコちゃんに叱られるくらいぼーっと見てます!(笑)

キネステティク・クラシック・ネオを学習している人なら、いくらでも対応策が浮かびますよ。

まずは足の裏や足指の感覚を使いやすくしておくこと。

足の皮膚の動きが悪くなれば圧や緊張を感じる動きの感覚は鈍くなります。

だから、第1に足指や足の皮膚を観察する。目の視覚を使い、手の皮膚の触覚を使い、本人であれば、反対側の足の皮膚の観察を使うこともできる。

そうした、興味をもつような観察を学習すると今までより、感覚が繊細になります。

『看護は観察ではじまる』と言う人たちは、本当にそんな効果的な観察をするといいですよ。』

カサカサしていたり、角質(がたくさんついてる人ほど)よく転ぶし、カラダに緊張が高いことに気づけたら、まずはぬるめのお湯でふやかして、柔らかい歯ブラシを使って石鹸を泡出てて、爪の周り、指と指のあいだ、足の裏を丁寧に洗う。

それから、そのような皮膚はバリア機能をする皮脂膜がないので、すぐにまた乾燥します。だから、水分がついてるうちに、または、改めてローションなどで保湿してから、クリームやオイルで閉じ込めましょう。

そうすると指がのびのびして使いやすくなる。

段差に気づきやすく、凸凹などにも対応しやすい足指づくりの第一歩。

爪も切りやすくなります。

私の足爪学習仲間の働く施設には、そういうことが全く理解できない人がいるらしい。

彼女が足指の手入れをしたり、足の大事さを利用者さんに伝えているときに、下ばっかりみてたら、転倒が防げない。上を見ろ!っていうそうです。どのように、その人は転倒を防ぐのが知りたいものだ。

見ていても転倒予防はできません。見守りするなら、足の手入れをしてください。

でないと、チコちゃんに叱られますよ!チコちゃんを見て、他の視点からモノを観れるようになるといいです。

転ばないようには…続くことになりそうです。

=====

まだ途中ですが、足爪ケアに役立つものをリストしはじめました。

http://blog.careprogress.co.jp/%E8%B6%B3%E7%88%AA%E3%83%95%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B1%E3%82%A2%E3%81%8A%E5%BD%B9%E7%AB%8B%E3%81%A1%E3%82%B0%E3%83%83%E3%82%BA/

観察や適切なケアができない人たちから身を守ることができるかもしれないメールマガジンを始めることにしました。セルフケアできる人を増やしたい!

メルマガタイトル:介助知恵袋 わはは ★セルフケア(自分のお世話)も介助
(介護・看護も)も、わははと笑ってできる知恵袋

http://www.mag2.com/m/0001684897.html

よろしかったら登録してください。

キネステティク・クラシック・ネオを学びたい方

http://blog.careprogress.co.jp/%E3%81%8A%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%A1%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC/

日本キネステティク普及協会にも情報を見に来てください。

http://www.nka.link/

=====

自ら学ぶ姿を見せる人の素晴らしさ


先日、公立大学法人名桜大学大学院での講義を仰せつかり、キネステティク・クラシック・ネオの応用や可能性について、体験を含めての講義を実施しました。

大学院の授業でしたが、大学院生2名と受講を希望した看護学部生5名と地域の方が受講しました。

企画をしてくださった基礎看護学領域の教授と准教授も一緒に参加されました。

実習や体験会などの企画をされていても、ほとんどのところでは、企画者は傍観しているか、その場にはいないことが多いのです。

「大事なことなので」とか、「素晴らしい内容なので」「遠くからワザワザ来ていただいて…」と言葉では言ってくれても、自分では聞かない、参加しない。大事に考えてくれていると言葉だけで言っていても、その態度からは、その場にいる人たちにも、私にも伝わってこないことが多いのです。

約五年の間、名桜大学の企画者は、たくさんの時間や機会をつくってくださり、そして、そこに学びに来てる人たちと、共に学ぶ姿勢を保ち続けてくださっています。それが、学生たちにも伝わっていて、私も気持ちよく知ってることを、ドンドンお伝えしてパフォーマンスが上がりました。

学生は教員の学ぶ態度を通していい聴衆としての学習をしたと思います。

「共に学ぶ先人と、任せっぱなしにして別のことをする先人」

まるで、少し前にベストセラーになった「金持ち父さん、貧乏父さん」との対比のようです。

大事なことを学び続けていける団体と、それっきりの団体の差は、ドンドン開いていくのでしょうね。

進化を続ける人は、他者も進化をすることを理解しているので、学習を継続しようと心がける。

そんな人が周りにいることは、しあわせだ。

あ、私はしあわせだ。

ありがたい。

介助が楽になる知恵!管理者やリスクマネージャーに知っておいてもらいたいこと


少子高齢社会に入って、あちこちで、人が足りないという現状が見えるようになりました。

人員が、確保できないのは大きなリスク!

せっかく育った人材が辞めていくのは大きな損害!

先日は、介護職員が全員退職したという施設で、利用者さんが立て続けに亡くなるというニュースが報じられていました。因果関係はわからないと言われていたので、そこに起きたことはわかりません。

でも、そのようなニュースから気づけることはあります。

今、世の中で当たり前として行われている事は、介助する人も、される人も辛いんです。カラダが辛いやり方をやめなければ、続けていけません。

やらなきゃ…と思えばつらくて続くわけかありません。だから、これなら、楽しく介助できる、看護できる、介護できる!という考え方に変えていくことができます。

キネステティク・クラシック・ネオを取り入れていくと…。

と、いうことで、企画したリスクマネージャーや管理者、経営者限定で、でディスカッションしながら知るセミナーです。

先日、「僕らは奇跡でできている」の主人公のかずきさんも言ってました。

=====

僕の祖父は、やりたいならやればいい、やらなきゃって思うならやめればいいって言いました。笑って言いました。

=====

いい言葉だな、とてもまともなおじいさんのアドバイスだなぁと思いました。

今、辛いやり方で働いておられる方は、通常のキネステティク・クラシック・ネオのパーソナルレベルを是非、体験してみるか、

アウェアネス介助論を読んでみてくださいね。

http://www.nka.link/