進化

キネステ 足爪 やらない理由 エビデンスを言い訳にする人々


沖縄では、発売当時のままのパッケージのボンカレーが売られています。
他の地域で売られているパッケージでは
売れなくなる、というエビデンスがあるからです。

試してみてダメだったというエビデンスがあっての、パッケージの維持なのです。

今日は、このエビデンスの話をしたいと思います。

現在の看護や介護の世界では、教科書に「足爪のケアの大切さ」はほとんど書かれていません。

「転倒予防」と大騒ぎして、挙句の果てに転ばないように、歩かせないようにして、患者さんを寝たきりになりやすくさせてしまっています。

皆さん、「本当は怖い話」で紹介してほしいくらい怖い話なんですよ!

この転倒の問題を解決しやすくなるような「動きの言語化のツール」を導入し、
足爪のケアができるようになった看護者や介護者に浴びせられる言葉は、次のようなものが多いと思います。

「やりたいなら、先にエビデンスを出せ」と。

実践をさせようとせず、試しもせずに否定的な態度を取る管理者が多いのです。
「患者さんの状況が改善していない」というエビデンスがあるにも関わらず、改善の方法を試しもせずに、自分の保身のために、そういう発言をするのです。
もしくは、思考停止の状態が心地よい人なのかもしれません。

私はそのように言われた時には、必ず次のような質問をします。

「では、今までのやり方が、わたしがやろうとしていることより優れているというエビデンスを見せてください。
そうしたら、わたしが患者さんのためにやろうとしていることをやめる決心ができます。」
(心のなかでは「タワゴト言ってる場合じゃないんだよ!」と思っています。)

「ぼーと生きていたら、さとちゃんに叱られる」と、私の仲間たちは言います。

根拠のない、患者さんの立場にならない
虚言に左右されない挑戦をしていきましょう。

灯台下暗しと膝の痛み


灯台下暗しとか

知らぬは亭主ばかりなり

と言う言葉があるように、何故か、私たちは近くにあるものが、とても尊いものや、素晴らしいものでも、それを認めづらい傾向を持っているようです。

だけど、ちゃんとそこに、大事なモノがあることに気づく人はというか、気づける人は幸せです。

私はかつて、ある医師の研修会や講演の追っかけをしてました。でも、その医師の務める職場の方々の中で、その医師の価値の大きさに気づく人はごくごくわずかでした。

もったいない…

こんなに近くにいるのに…

私ははるばる飛行機に乗り、何度も追っかけました。

名古屋、東京、札幌、旭川、岡山、士別…、沖縄。

そして、何も考えないバカなナースだった私は、少し、まともな人間になりつつあります。

でも、職場の人たちはわからなくても、患者様に丁寧に取り組む医師の姿を約25年くらいか見せてもらえたからです。

でも、家族はすごく分かっている。

そして、協力的です。

https://youtu.be/ETKCwRdpn14

膝が痛い時は

膝が悪いわけではなくて、自分に気づいていないかも。

遠くにいる私たちは

もっと学ばせてもらいましょう。

その価値がわかって近くて活動出来る人は、とてもうらやましいけど、自分にできることを丁寧に。

ちなみに、今はおっかけはせずに、呼び寄せて来ていただいてます。

http://www.nka.link/movie.html

自ら学ぶ姿を見せる人の素晴らしさ


先日、公立大学法人名桜大学大学院での講義を仰せつかり、キネステティク・クラシック・ネオの応用や可能性について、体験を含めての講義を実施しました。

大学院の授業でしたが、大学院生2名と受講を希望した看護学部生5名と地域の方が受講しました。

企画をしてくださった基礎看護学領域の教授と准教授も一緒に参加されました。

実習や体験会などの企画をされていても、ほとんどのところでは、企画者は傍観しているか、その場にはいないことが多いのです。

「大事なことなので」とか、「素晴らしい内容なので」「遠くからワザワザ来ていただいて…」と言葉では言ってくれても、自分では聞かない、参加しない。大事に考えてくれていると言葉だけで言っていても、その態度からは、その場にいる人たちにも、私にも伝わってこないことが多いのです。

約五年の間、名桜大学の企画者は、たくさんの時間や機会をつくってくださり、そして、そこに学びに来てる人たちと、共に学ぶ姿勢を保ち続けてくださっています。それが、学生たちにも伝わっていて、私も気持ちよく知ってることを、ドンドンお伝えしてパフォーマンスが上がりました。

学生は教員の学ぶ態度を通していい聴衆としての学習をしたと思います。

「共に学ぶ先人と、任せっぱなしにして別のことをする先人」

まるで、少し前にベストセラーになった「金持ち父さん、貧乏父さん」との対比のようです。

大事なことを学び続けていける団体と、それっきりの団体の差は、ドンドン開いていくのでしょうね。

進化を続ける人は、他者も進化をすることを理解しているので、学習を継続しようと心がける。

そんな人が周りにいることは、しあわせだ。

あ、私はしあわせだ。

ありがたい。

知識の普及を嫌う人もいる①


気づけば15年以上も、セルフケアとお世話するケアの質の向上を目指して、キネステティクを中心に学び続けてきました。(びっくりするくらい、真剣にやってる)

今まで、学んだことや、やってきたことが、この観点からみると、間違っていると気づくことも多くあり、ココロも痛みました。

でも、間違ったのに気づいたら、修正すればいいことに気づき、変えればいいのだから…

そうして試行錯誤してきた結果、たくさん、人に伝えたいことがあり、学習セミナーをしたり、コンサルティングをしたりしてます。

でも、知識の普及を嫌う人たちがいることも知りました。

間違いを修正したくない人もいることに、気づきました。

その人たちは、悪い人ということでなく、ただ、よくないと気づいても、それを続けてるということに、気づいてないってことです。

時代が変わっていくのに、古い時代のままをやり続けたい人も、世の中にはいます。

自分がどうしたいか、選んでほしいと思います。

このトピックは続く…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。